千葉、作草部の鍼灸院|美容鍼、うつ治療なら轟はり灸治療院

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

マタニティーケアについて

子宝を授かると、女性の身体に様々な変化が起こります。大きくなったおなかや精神的なストレスにより、肩こりや腰痛、頭痛、ストレスなどに悩まされることも少なくありません。ここではマタニティーケアについてご紹介いたします。

妊娠中のケア

妊娠中は、つわり、おなかの変化、出産への不安などに悩まされます。そのため、マタニティーケアは妊娠した時点から始まります。妊娠中はできるだけ栄養バランスを考えた食生活を意識し、お酒やたばこ、アルコール、カフェイン飲料などの過剰摂取は控えましょう。安定期に入って落ち着いたら、軽い運動もおすすめです。

マタニティヨガやストレッチなどのエクササイズ、ウォーキングなどを体調に合わせて行いましょう。
マタニティーケアはお母さんだけでなく、周囲のサポートも不可欠です。家事などを積極的に行い、少しでもお母さんのストレスを減らせるようサポートします。おなかの変化による肩こり腰痛にお悩みなら、轟はり灸治療院にご相談ください。

出産への不安

「案ずるより産むがやすし」という言葉がありますが、やはり出産への不安は拭いきれません。
流産や逆子、そして無事に出産できるかなどのリスクもあるからです。
出産への不安を解消するなら、マタニティーケアに鍼灸を取り入れてみてください。
鍼灸で身体のツボに刺激を与え、乱れがちな妊娠中の体調を整えていきます。

体調が整うことで陣痛などの不安が解消され、産後の体調回復にも効果が期待できます。
鍼灸は自己流ではなく、鍼灸師の施術を受けることをおすすめします。
千葉にお住まいの方は、轟はり灸治療院を是非ご利用ください。

産後のケア

無事に出産が終わっても、すぐに大変な育児が始まります。その際、マタニティブルーに陥る女性も少なくありません。マタニティブルーとは、女性ホルモンの影響で情緒不安定になることです。
悲しくなったりやる気をなくしたり、不安で眠れなくなることもあります。

マタニティブルーは2週間ほどで自然に治るものの、まれに産後うつに移行する場合もあります。
鍼灸は女性ホルモンを整え、自律神経系をコントロールする働きがあります。
そのため、マタニティブルーの対策としてもご活用いただけます。

轟はり灸治療院では、マタニティーケア向けの鍼灸施術を行っております。
午後2時30分から午後5時までは女性専門のレディースタイムを設けています。
女性の鍼灸師が対応いたしますので、安心してご利用いただけます。ぜひご活用ください。