千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】のお風呂と同じ効き目の「足湯」

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


お風呂と同じ効き目の「足湯」

■2020/04/24 お風呂と同じ効き目の「足湯」
月経痛、疲労、むくみ…血行をよくして冷えをとります
下痢、腹痛、頭痛、月経痛などがあって体調が悪く夜の入浴ができないというとき、風邪気味のとき、またはケガをして入浴ができないというときにも、この方法で体の冷えをとってください。発汗効果もあるので手軽な水はけ法としても有効です。
 
足湯のコツ
■バケツに38~40度ほどの、ぬるめのお湯を入れます。お湯の量は、足に入れたとき足首の上くらいになる程度。コップ半分のあら塩を加えます。あら塩のアクは体の老廃物を湯の中に引っ張り出してくれます。
■いすに座って両足の指先から静かに、湯に入れていきます。
■5分経ったら、ひざ頭外側から指4本分下にある足三里のツボの高さまで湯がくるように、同じ38~40度くらいのぬるま湯を足していき、さらに5分つけます。
■足をつけている時間は合計で10分くらいから始めてください。足をつけて5分ほどで全身がポカポカと温まり、汗が出て気持ちよくなります。
■汗をかくので上半身は薄着にして、すぐ汗をふけるようにしてください。
■あら塩の足湯が終わったらいったんタオルで拭き、もう一度今度はぬるま湯だけにつけて足の塩分を落とし、再度タオルでよく拭きます。
 
冷え体質を改善する「足の裏こすり」
足の裏にはさまざまなツボがあります。ツボは体の不調のある部分につながっているので、ここを刺激してやれば経絡のネットワークを通して内臓の調子を整えたり、自律神経やホルモンのバランスをよくすることもできるわけです。
 
◆湯船につかって体を温めてから、片足ずつ、できれば10~15分くらい続けてください。
◆刺激するのは湧泉というツボを中心に。足の裏、前寄り3分の1くらいの真ん中にあります。
◆湧泉のツボは、すべてのエネルギーが湧き出すところ。精力や生命力、先天的な体質とも深いかかわりがあるとされています。
◆冷え症の人にとって足先の血行を良くすることは全身の冷え解消にもつながります。
バスタイムのフットケアをぜひ取り入れてみてください。

 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆