千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の疲れないための“休日の過ごし方”豆知識

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


疲れないための“休日の過ごし方”豆知識

■2020/03/27 疲れないための“休日の過ごし方”豆知識
こんにちは!
 
温泉旅行は温泉の入り方に工夫を
日本人は温泉が大好き。ところが残念なことに、「疲れをとるための」温泉旅行で疲労が増すことも。まず、遠くへ出かける場合、車や電車での長時間移動で温泉地に着くまでに相当疲れます。そして、せっかくの温泉だからと、熱いお湯でも我慢して長い時間、それも何度も入ってしまいがちに。これはかなり脳に負担をかける入浴法です。
熱いお湯につかると、血流がよくなり疲れがとれるような気がしますが、体温や脈、血圧が急変して、ハードな運動と同じくらい脳の自律神経の中枢が疲弊します。温泉に行くとよく眠れたというのは、疲れがとれたわけではなく単純に脳が疲れたからという場合も多いのです。疲労回復を促すには、38~40℃のぬるめのお湯に10分以内の半身浴をするのが最適。下半身が温まると副交感神経が優位になり、質のいい睡眠にもつながります。その点で、露天風呂で腰から下だけ温泉に浸かるのも理にかなっています。入浴回数は、1日に2回程度に抑えましょう。
 
近所の自然で手軽にリラックス&疲労回復
緑豊かな自然環境には、疲れをやわらげるさまざまなリラックス効果があります。滝つぼなどの水しぶきから発生する「マイナスイオン」や、樹木が発する香り成分「フィトンチッド」なども、安らぎをもたらす要因とされますが、科学的にはあいまいな部分も。脳疲労を軽減する効果があると証明されているものが、風や光、川のせせらぎなどの自然環境の「ゆらぎ」です。人間の体にも、体温や呼吸などでゆらぎのリズムがあり、自然環境のゆらぎと共鳴することで心地よさを感じてリラックスします。リラックスすると、心身を休息モードにする副交感神経が優位になってストレスや疲労が軽減されていくのです。
疲れを押して遠くの高原や森林、そして温泉に出かけなくても、近所の公園や緑道、川べりなど、自然のゆらぎを感じる場所を散歩するだけで、十分疲労回復効果が得られます。
また、オフィスや家で窓を開けて風を入れることでも、ゆらぎを取り入れることができます。
 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。
 




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆