千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の睡眠のために気をつけたい習慣

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


睡眠のために気をつけたい習慣

■2020/02/12 睡眠のために気をつけたい習慣
 
こんにちは!
 
寝酒は眠りを浅くする
ほろ酔い程度ならリラックスできるので、お酒にも疲労回復の効果が期待できます。
ただし、寝酒は逆効果になるのでNG。お酒の力で寝たつもりでも、それはただ“ひどく酔って倒れこんで寝ている“のと同じこと。麻酔で眠っているような状態なので眠りが浅くなり、翌朝も疲れが残ってしまい逆効果に。しかもアルコールが分解されるときに交感神経が刺激されて覚醒し、途中で目覚めてしまうこともしばしば。そのまま眠れなくなることが多いため、ますます疲れがたまるという悪循環となってしまいます。
飲むなら寝る直前ではなく、3~4時間くらい前までに。クエン酸効果が期待できる梅干や生のレモンを搾った酎ハイを1杯か、ポリフェノールが豊富な赤ワインを小さなグラス2杯程度にとどめましょう。アルコールを適量飲むことによるリラックス効果と、抗酸化作用のある成分をとることで、疲れがやわらぐダブルの効果が期待できます。
 
朝食が体のリズムを整える
朝食を抜いたり、1日1食しか食べないとイライラしてくることがありますが、実はこのお腹が空くという状態も立派な疲れの原因に。人間も動物と同じで、空腹を強く感じると命の危機を感じます。すると攻撃的になり、交感神経が興奮して疲れてしまうのです。
この”飢餓状態“を防ぐためには、1日3食食べて、空腹になる時間を長引かせないことが大切です。特に朝食は必ず食べること。それが合図となり体内時計”がリセットされ、日中は交感神経が優位となる活動の時間、夜は副交感神経が優位となる休息の時間という、体の自然なリズムが整って疲れにくくなります
一日の始まりに、時計のねじを巻きなおすチャンスである朝食を抜かす手はありません。
もちろん主食とおかずをしっかり食べるのが理想的。時間がない、食欲がないというときでも、せめてフルーツをつまむだけでもいいので、何かしら食べるよう心がけたいものです。
 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆