千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の便利なシャワーも冷えの原因に…

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


便利なシャワーも冷えの原因に…

■2020/01/27 便利なシャワーも冷えの原因に…
いつでも気軽に体が洗えて、めんどうがないから忙しい現代人にはぴったり、というわけでシャワーは若い人を中心にすっかり定着しています。
夏ばかりでなく冬でも、入浴は一年中シャワーだけ、という人も多いようです。しかし、実はこういった習慣がじわじわと体に冷えをためていくきっかけになるのです。
 
【入浴には体温を上げて冷えを解消する効果が】
入浴には体を清潔にするだけでなく、体温を上げて冷えを解消する効果がありますが、シャワーだけでは体は芯から温まりません。
冷え切った体は、冷えをとりきれないまま翌日を迎えるので、しだいに冷えが積み重なり、冷え体質となっていきます。特に夏は、どうしてもシャワーですませてしまいがちですが、本当はクーラーで冷える夏こそぬるめのお湯にゆったり浸かる入浴が望ましいのです。
また、シャワーだけでは交感神経が優位なまま緊張状態が続きます。これでは、疲れもうまくとれません。
一方、浴槽につかる入浴は体を芯まで温め、自律神経のバランスを整えて副交感神経が優位になるので心身をリラックスさせ、疲労を回復させて穏やかな眠りを誘います
お湯につかることで、湯の水圧によって血管やリンパ管が圧迫され血行がよくなり、全身の代謝が活発になる効果もあります。
 
【熱すぎるお湯は皮膚にバリアをつくる】
冬などは、冷えた体を温めようとつい熱めのお湯に入りたくなります。しかし、熱すぎるお湯は皮膚の表面にバリアをつくり、中に熱を入れないようにしてしまうので体は表面だけ熱く、芯は冷えたままという状態になってしまいます。
熱いお風呂が好きという人は、すでに冷え症が始まっているともいえます。ぬるめのお湯にゆっくり浸かる入浴に切り替えるようにしましょう。
 
【湯上りの汗には注意】
汗には体温の調節機能があります。発汗の仕組みは、人間の体に備わった自然の冷房装置なのです。汗をかくときは暑さを感じているときなので、保温のことなど思いもよりません。しかし、汗をかけば体は冷え、エネルギーも消費します。体が弱っている人は、発汗した後の保温に人一倍気をつけることが大切です。
特にお年寄りや虚弱体質の人は入浴して温めた後は汗で体温を奪われないよう体の水気をよくふき、下着や衣服をしっかりと着て、体温が逃げないようにしてください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆