千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性のための、むくみを防ぐ生活術

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


女性のための、むくみを防ぐ生活術

■2019/10/28 女性のための、むくみを防ぐ生活術
■下半身を冷やさない
むくみやすい人にとって「冷え」は大敵。脚が冷えると血管が収縮し、血液の通り道が狭くなって余計に循環が悪くなるからです。素足や薄着は避け、なるべく暖かい格好で。冷房のきいた部屋や電車でいるときのために、カーディガンやストールを持ち歩いてもいいですね。
 
■なるべく歩く!
歩くと必然的にふくらはぎの筋肉が収縮し、刺激となって血液循環がよくなります。テレビを観ている時間を散歩に変えてみたり、買い物帰りは少し大回りをして歩いてみてはどうでしょうか。エスカレーターをやめて階段を歩くだけでもだいぶ違います。デスクワークで歩く機会のない人もトイレに行く回数を増やしたり、可能ならばコンビ二に行くなどして、定期的に歩いてふくらはぎを動かす機会を作りましょう。歩くことを続けるとふくらはぎに筋肉がついてくるので、長期的には心臓に血液を戻す力もアップします。
 
■足湯で脚の血流改善を
おけやたらい、バケツにぬるめのお湯をはり、足先をつけるだけでも効果があります。足先の血管が開き、通り道が広くなることでたまった血液の流れがよくなります。足湯の利点は、手軽なこと。時間がなくて湯船につかれないことが多い人にオススメです。脚がむくんで眠れない人は、足湯を5分ほどしてみるとつらさが和らぐことがあります。
 
■かかとの高い靴ならこまめにストレッチを
ハイヒールやかかとの高い靴のほうが脚がきれいに見えるため女性には人気ですが、そこには意外な落とし穴があります。つねに「つま先だけで歩く」状態になってしまうため、足の甲が伸びっぱなしになり、そのまま続けると足首が硬くなってむくみ体質を作ってしまうのです。むくみによるトラブルをひどくしないためにも、休日はヒールのない靴をはくようにしましょう。ときどき靴を脱いで、両足首をぐるぐる回すストレッチだけでも、ふくらはぎの刺激と、足首の柔軟性をキープする効果があります。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆