千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の快眠のための過ごし方

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


快眠のための過ごし方

■2019/04/10 快眠のための過ごし方
 
なやみごとは寝室の入り口まで
眠りは交感神経の支配から、少しずつ副交感神経の支配に切り替わっていくことで訪れます。悩みや心配事があると眠れないのは、ストレスを受けて交感神経が活発に働き、脳を覚醒させてしまうからです。とはいえ、眠らずに悶々としていたところで悩みが解決するわけではないのですから、そこは割り切って、悩みを寝室の中には持ち込まないようにしましょう。寝るときは何も考えず寝る。そういった気持ちの切り替えも必要です。眠ったほうが翌朝、名案が浮かんだり、困難に対処するエネルギーも生まれてきます。入浴、アロマ、ストレッチなども取り入れて、心身をリラックスさせるように導いていきます。また、「○○しなければ」「あの人はだから苦手なんだ」といった強い思い込みや感情は、交感神経を活発にしてイライラをつのらせます。人間関係や自分が決めた枠の中にとらわれすぎないよう、日頃から物事はシンプルにとらえ、適度な距離感、自己肯定感を持って過ごせるように。過度に期待したり完璧を求めると、それだけで疲れてしまいますから。
 
布団のなかではスマホやタブレットをみない
いまやスマホやタブレットを片時も手放せない人が大勢います。仕事や誰かとやりとりしなくてはならない日中は仕方ないとしても、せめて寝る時間が近づいたら、スマホやタブレットから離れませんか。というのも、これらの電子機器を寝る前に使うことで睡眠の質が下がり、疲れがとれなくなってしまうからです。毎日のようにスマホをベッドに持ち込んでいると、どんどん疲れがたまってきます。これが習慣になってしまうと、体調にも悪影響を及ぼしかねません。
 
【現代人は、寝る前のスマホやパソコンで眠りにくくなっている!?】
理由1:光
夜遅くに強い光を浴びてしまうことで、眠気を誘う睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が抑制されてしまい、なかなか眠れなくなってしまうのです。どうしてもスマホを使う必要があるときには、画面の明るさを調整する、顔に近づけすぎないようにする、など工夫してください。
 
理由2:情報過多
スマホやパソコンによる情報の多さが交感神経を優位にし、脳を覚醒させてしまうことが挙げられます。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆