千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】のちゃんと眠れていますか??⑤ 不眠タイプ解説

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


ちゃんと眠れていますか??⑤ 不眠タイプ解説

■2019/03/01 ちゃんと眠れていますか??⑤ 不眠タイプ解説
 
生活習慣型不眠
おそらく最も多くの人がやっていそうなのが、布団の中でのスマホ、タブレットです。よくないだろうとわかってはいても、ついメールやニュースが気になって手が伸びますよね。
さあ眠ろう、というタイミングで強い光を浴びたり、文字や映像など多くの情報を追うと、脳は休めなくなってしまいます。熱いお風呂に長い間浸かったり、寝る直前まで食事をしたりという生活習慣も、体に活動状態を続けさせることにつながるので、眠りにとってはブレーキとなります。また紫外線を浴びすぎたり、適度な運動のつもりで結構ハードなエクササイズを寝る間際までやったりすると、疲労度があがって寝ても疲れが取れない事態に。夕方以降になってから長めの昼寝をしたり、なんとなく横になって1時間くらい寝てしまうことはありませんか?これも、夜にまとめて眠ったほうがよいところを先取りする形になって、寝つきが悪くなる、途中で目覚めるなどの悪影響をもたらします。
 
【夕食は寝る3時間前までにとる】
一日の活動でたまった疲れをとるための、睡眠。その質を左右するのは、毎日の食事です。まず気をつけたいのが、食事をする時間。夕食はベッドに入る3時間前まで。食後は食べたものを消化するために、胃などの消化器が活発に動きます。また、胃腸などの内臓の働きをコントロールしているのは、自律神経。本来は休めるはずの睡眠に入っても、食べたものがあれば自律神経は消化のために働かなくてはなりません。そんな状態にさせないためにも、夕食は寝る3時間前までに。朝起きたら太陽の光を浴びるのに加え、朝食をとることも忘れずに。胃が動き始め、自律神経も目覚めます。時間がなければ軽く何かを食べるだけでも大丈夫。朝のリズムができると日々のリズムがうまく作れ、睡眠周期も整ってきます。
 
【日中はしっかり紫外線対策】
紫外線による日焼けは肌の大敵ですが、体が疲れてしまう点でも注意したいものです。日焼けしたあとは体がだるい、といった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。紫外線を浴びると、全身で活性酸素が作りだされ、それが疲労の原因となり、眠りの質も悪化するのです。最近よく言われるのは、目からの紫外線の影響。角膜で活性酸素が発生すると、自律神経が「敵がきたぞ」と戦闘態勢をとり、その結果、疲労します。さらに紫外線の侵入を防ごうとメラニン色素を出し、全身が日焼けします。外出する際にはサングラスやUVケア化粧品、クリームをつけるなど、工夫は怠りなく。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆