千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の更年期の症状は食事から折れない心を! たんぱく質編

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


更年期の症状は食事から折れない心を! たんぱく質編

■2018/12/17 更年期の症状は食事から折れない心を! たんぱく質編
 
こんにちは!
 
【やる気や判断力など、心の健康すべての原料になります】
人間の体は、すべてがたんぱく質から作られています。とくに脳では、脳細胞や神経伝達物質の原料となり、心の健康に大きな影響を与えます。神経伝達物質は、心を元気にするのに大きな役割を果たす、なくてはならない存在です。幸福感を生み出すセロトニン、質のよい睡眠に関わるメラトニン、元気度や快活さに関わるドーパミン、心の安定に影響するGABA。
これらはすべて、たんぱく質が原料。たんぱく質がなくては、心の健康は保てないのです
 
不足すると…
心の安定が保てず、ぐるぐる思考するように
たんぱく質が不足すると、こうした神経伝達物質の合成や脳細胞の新陳代謝がうまくいかず、落ち込みやすくなったり、やる気が出なかったり、心が不安定になったりします。情報のやりとりがスムーズにいかないため、同じことを何度も言ったり、新しいアイデアを思いつかなかったり、頭が鈍くなったようにも感じます。また、嫌な記憶が気にかかり、ぐるぐると考えて抜け出せなくなり、情緒が不安定になることも。
 
たんぱく質、足りていますか?
たんぱく質はとりだめができないだけに、毎日、きちんととることが必要です。肉や魚、卵、牛乳などの動物性たんぱく質と、大豆製品などの植物性たんぱく質をバランスよく食べることがポイント。とくに卵は栄養満点です。
 
たんぱく質補給のセルフケア
◆「肉抜きダイエット」では心が折れやすくなる
「たんぱく質は、肉よりも豆腐で摂るほうが健康的」と考えがちですが、心の健康からいうと動物性たんぱく質のほうが断然優秀。植物性たんぱく質は、体に必要な必須アミノ酸が網羅されておらず、体内での利用効率が低いのです。肉や魚、卵などをとるほうが、脳を効率的に働かせ、ぐるぐる思考を予防することができます。
 
◆疲れたときのおやつはチーズ、ナッツ、小魚
疲れたときは、ついチョコレートなどの甘いものを口にしがち。でも、脳が疲れているときは逆効果に。空腹の状態に糖が急激に入ってくると、血糖値が大きく変動します。その変化に体がついていけず、逆に疲れが増すことがあるのです。それよりも、脳の新陳代謝などに役立つたんぱく質をとるのがベスト。カルシウムも豊富なチーズや小魚、脳の働きを助けるオレイン酸を含むナッツは、脳をいたわるおやつになります。
 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆