千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性の更年期にも多い悩み 肩こり・腰痛

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


女性の更年期にも多い悩み 肩こり・腰痛

■2018/11/30 女性の更年期にも多い悩み 肩こり・腰痛
 
血行不良が痛みの原因
同じ姿勢でいると肩こりや腰痛を招きます。どちらも血行不良からくることが多いのですが、女性ホルモンが減少すると血流が悪くなったり筋力が落ちることで、痛みの原因となる疲労物質がたまりやすくなったりするためです。こうしたことが繰り返し起こることで、肩こりは慢性化しやすく、肩が上がらなくなることや、ひどいときは頭痛や吐き気、目の痛みなども引き起こしてしまいます。ついマッサージに頼りたくなりますが、強くもみすぎるとかえって筋肉を疲れさせ、硬くしてしまうのでほどほどに。
 
ストレスや寝不足に注意
腰痛も血行不良が原因であることが多く、他にも緊張やストレス、寝不足で疲れがとれず、慢性的な痛みを抱えることがあります。もともと女性は腰周りの血行が悪くなりやすく、そこに悪い姿勢や同じ姿勢を続けるなど負担をかけるとさらに血行が悪くなって痛みが起こります。大敵は冷え。首を温めると全身の血行がアップするのでストールやマフラーを活用しましょう。
 
【解消法】
◆足にやさしい靴を履く
ハイヒールや自分の足にあわない靴を履き続けていると体の重心が崩れやすく、腰に負担がかかります。これがいずれ腰痛を引き起こすことになりかねません。靴底が柔らかくて足全体をホールドしてくれる、歩きやすい靴でできるだけ過ごすようにしましょう。楽だからと、ゆとりのあるサイズや幅の靴を選ぶと、かえって足の負担になるので注意。
 
◆肩こりはこまめにストレッチ
筋肉をほぐして血行をよくすることで、ひどい肩こりになるのを防ぎましょう。まずは、腕の力を抜いて肩を上げ下げ。次に、背中側に腕を伸ばして手のひらを合わせます。肩甲骨を寄せるように手を後ろに伸ばして5秒キープ。肩をあげないようにして2~3回繰り返します。
 
◆腰痛は大腸兪と志室をツボ押し
腰の痛みやだるさに効くツボです。大腸兪は、骨盤の一番高い部分を結んだ線と、背骨が交差する位置から左右に指2本分のところ。志室はおへその高さに両手で腰を抱えたときの高さで、背骨から左右に指4本分のあたりです。どちらも、腰を抱えた状態で親指をツボの位置にあて、左右同時に5秒押すのを5回繰り返します。ツボ押しの前には、入浴やストレッチで体を温めて筋肉をほぐしておきましょう。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆