千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性の更年期ストレスとの付き合い方③

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


女性の更年期ストレスとの付き合い方③

■2018/11/28 女性の更年期ストレスとの付き合い方③
 
こんにちは!
 
4.子供の反抗期ストレス
親として否定されたように感じる自信喪失ストレス
何でも話してくれていた子供が親を疎ましく思うようになり、距離をおくようになる。すると親は不安になり、無理にでも会話を求めたくなるものです。反抗期にさしかかると、まるで親として自らの子育てを否定されているように感じてしまいますが、決してそうではありません。むしろ、「子供がちゃんと反対できるくらい、安心されている親なんだ」と自信を持って。それほど反抗期は、子供の成長に欠かせない、大事なものなのです。
 
反抗期の目標は子供を「大人にすること」にある
子供が大人になるということは、親の影響下から離れ、自分自身の価値観と人間関係を確立していくこと。そのために必ずやってくるのが反抗期です。この時期、子供は親を疎ましく感じ、親よりも友達や先輩のほうがずっと親しく感じられます。親との間に距離をおくからこそ、自分の価値を育てることができるのです。そんな時期には、親は子供の振る舞いに右往左往せず、どっしりと前向きに受け止めましょう。反抗期の目標は「子供を大人にしていくこと」。子供に対する言葉も頭ごなしに言わず、対等な大人同士の言葉で投げかけて。相手を血縁関係ではない大人、とイメージした口のきき方をしてみましょう。子供は「昔とは違う自分」であっても親は肯定してくれている、と感じます。健やかに反抗期を突き進めば、また理解し合えるときが必ず訪れます。
 
5.友人ストレス
生活の格差が表面化してくる時期
長年ずっといい関係だったのに、突然けんか別れしたり疎遠になったり、ということが増えるのが更年期。じつは更年期は配偶者の退職金、子供の学歴や結婚など、互いの生活の格差が顕在化してくる時期ともいえます。自分は誠実な対応をしていても、互いにもやもやと不調を抱えているうえ、嫉妬や羨望が入り混じって、感情のあつれきが起きやすいのです。これまで続いてきた友情なのだから、と無理して維持しようとすると、さらにストレスが強くなってしまいます。
 
友人関係も再構築する時期だと考えて
環境の変化、体調の変化など変化を迎える更年期だからこそ、友達関係も再構築してよいのではないでしょうか。この年代になると、人生を大きなスパンでみることができるようになってくるもの。今の自分にふさわしい友達、無理をしないで気楽にいられる友達を考えてみましょう。ただでさえ体が辛いこの時期に、ストレスが強すぎる友人は負担が大きいもの。思い切って距離を置くのもひとつの手です。
 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆