千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性の更年期ストレスとの付き合い方②

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


女性の更年期ストレスとの付き合い方②

■2018/11/24 女性の更年期ストレスとの付き合い方②
 
こんにちは!
 
2.介護ストレス
「自分がやらねばならない」と思い込んでしまうストレス
実の娘、とくに長女は介護を一人で背負ってしまいがちです。「自分がやらなければ」と多大な義務感を感じ、抱え込んでしまう。しかし、このような責任感の強い人がもっとも「介護うつ病」を発症しやすいのです。介護は見通しがたたず、出口がみえない独特のストレスを伴います。自分にしかできないと抱え込むと、ますます大変。現実的に介護をひとりで背負うのは不可能です。まずは「自分がやらねば」という思い込みを手放しましょう。
 
自分にしかできないこと以外は人に頼ろう
周囲の人や兄弟は、頼りにならない人だらけに感じるかもしれませんが、それでも頼らなければなりません。目的は「持続可能な介護」にあるはず。このまま一人で抱え込んでいると、必ず行き詰まるときがやってきます。介護の内容を整理し、親の心理的サポートなど、「自分にしかできないこと」に集中しましょう。それ以外のことはヘルパーさんや他のきょうだいなど、どんどん他の人にお任せしましょう。あわせて、介護のストレスをこまめに発散するために、身体を休めることはもちろん、「自分ひとりだけに使える時間」を確保しましょう。
 
3.更年期症状ストレス
共感してもらえないストレス
ただ聞いてほしいだけなのに、「気のもちよう」などといわれると、「辛いのは自分だけ」「耐えられない自分が弱いのでは」というふうにだんだんと気持ちが悪い方向にいくものです。更年期の症状は個人差が大きく、同年代の女性といえどもすべての人に辛さを共感してもらうのは難しいようです。人は、共感してもらえない状況だとストレスを強く感じるのです。
 
具体的な症状を話題にしてみよう
共感してもらうには、そうなるような投げかけをするのもコツ。話し方のテクニックとしては、「更年期」という言葉をあえて出さず、「実は最近、体の調子が悪くてね」と、具体的な辛い症状をテーマに話を始めると、スムーズに共感してもらえるものです。更年期症状とひと口に言っても、人によっては普段どおりの生活ができなくなるくらい辛いこともよくあります。とくに、なにかとストレスの多い更年期は、心の調子を崩しやすく、うつ病の好発期でもあります。体調の悪さや気分の落ち込み、不安感、イライラを、単に「更年期のせい」と片付けてしまうとさらに悪化していく可能性も。
 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆