千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性の更年期でも気になる 目の疲れ・ドライアイ

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


女性の更年期でも気になる 目の疲れ・ドライアイ

■2018/11/21 女性の更年期でも気になる 目の疲れ・ドライアイ
 
目のかすみやしょぼしょぼは、放っておかずに検眼を
現代は、目を疲れさせる要素がたくさんあります。さらに更年期には女性ホルモンの減少によって筋肉が弱くなり、水晶体の原料になるコラーゲンが減って弾力性を失うことも重なり、目の焦点が合いにくくなります。また、涙の量も減少するため、かすんだり、疲れやすくなったり。光がまぶしく感じることもあります。めがねやコンタクトを使用している人は、定期的な検眼を習慣に。近視や乱視、老眼の度が変わっていることに気づかず、合わないめがねでさらに疲れ目を誘発しているかもしれません。
 
【解消法】
◆色鮮やかな食品を食べる
にんじんやかぼちゃ、パプリカなどに含まれるカロテン、ブルーベリーのアントシアニン、果物や野菜に多いルテインやゼアキサンチンなどの色素は、目に欠かせない栄養素。目の疲れやドライアイの予防に、色鮮やかな野菜や果物を積極的にとりましょう。
 
◆1時間に1度は目を休ませる
パソコンを日常的に使用する人は特に、疲れ目が気になるはず。それは、細かな文字などを凝視してしまうから。目の筋肉は一点を見つめていると凝り固まってしまうのです。これはスマホも同様です。1時間に1度は肩や首を回しながらモニターから目を離して、定期的に目をつぶる、遠くの景色を見ることを意識して行いましょう。
 
◆目を動かして刺激を与える
日常生活の中で、眼球をあちこち動かしてものを見る、ということは少ないはず。ほぼまっすぐに見ることしかしないという人は、今日から上下・左右に動かしたり、ぐるぐる回したりを1日に何回か行う習慣をつけましょう。目の周りの筋肉がほぐれます。冷たいタオルと温かいタオルを交互に目に当て、血行促進するのも刺激になります。
 
◆コラーゲンたっぷりの食事
コラーゲンは美肌を作るものと思われがちですが、実は目の焦点を合わせる働きをする水晶体にも多く含まれています。コラーゲンが足りなくなると、水晶体は弾力を失い、働きが悪くなって眼精疲労につながるのです。フカヒレをはじめ、手羽先、牛すじ、ゼラチンなど、身近なコラーゲンたっぷり食材や、サプリメントで補いましょう。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆