千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の大豆がおすすめ! 〔女性の更年期症状〕

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


大豆がおすすめ! 〔女性の更年期症状〕

■2018/10/17 大豆がおすすめ! 〔女性の更年期症状〕
 
【なくなった女性ホルモンの代わりをしてくれる】
女性ホルモンの働きが衰え、分泌量も減少してやがて閉経するのが更年期。平均的に50歳頃で、これは昔も長寿社会となった今も変わりません。
更年期に大豆がいいといわれるのは、女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをする大豆イソフラボンを多く含んでいるから。ほてりや肩こり、発汗など更年期に現れる不調を緩和する作用があり、さらに骨を丈夫にする、肌老化を遅らせるなどの作用もあります。また、大豆にはコレステロールの上昇を防ぐ大豆たんぱくや、血圧を下げる大豆ペプチド、血液をさらさらにするサポニンなどが含まれていて、閉経に伴って発症しやすくなる生活習慣病の予防効果も期待できます。
 
イソフラボンの効果
●LDLコレステロール値の低下
大豆イソフラボンが持つ抗酸化作用によって、悪玉のLDLコレステロールの酸化抑制効果があります。LDLコレステロールの増加は、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こす原因となるため、積極的に大豆をとりたいものです。
 
●骨粗しょう症予防
骨密度が低下して骨の強度が下がることで、骨折しやすくなる骨粗しょう症。数々の研究で大豆イソフラボンを摂取することで骨密度の低下が抑えられたり、骨のミネラル密度がアップしたりという結果が報告されています。
 
●更年期症状軽減
女性ホルモンに似た作用によって、ホットフラッシュといわれる顔や身体のほてりやのぼせ、発汗、手足の冷えといった症状を緩和します。また、肌のハリがなくなったりしわが増えたりする、肌の老化を防止する効果も期待されています。
 
●子宮がんリスクの低下
大豆イソフラボンの一種、ゲニステインの抗がん作用は、子宮がんの発症を抑える効果があると考えられます。また、欧米に比べてアジアでは大豆の消費量が多いことと、欧米に比べてアジア女性のほうが乳がん発症の割合が低いという調査結果から、乳がん予防効果も期待されています。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆