千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】のアレルギー症状・辛い花粉症は春だけじゃない!

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


アレルギー症状・辛い花粉症は春だけじゃない!

■2018/10/03 アレルギー症状・辛い花粉症は春だけじゃない!
こんにちは!
 
症状は「過剰な免疫反応」
花粉症とは、植物の花粉が原因となってくしゃみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こす病気で、春先のスギ花粉によるものが代表的です。花粉症を引き起こす植物はスギのほか、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、シラカバなど。日本では約60種類が確認されています。
花粉症が起こるメカニズムは一言でいうなら、過剰な免疫反応。ウイルスや細菌などの異物が体内に侵入するとそれに対する抗体が作られ、次に入ってきたときに撃退するのが免疫のしくみです。
くしゃみで吹き飛ばす、鼻水や涙で洗い流す、鼻づまりで体内に入れないようにするなど、本来は敵ではない花粉を敵とみなして闘っている状態ともいえるのです。かつて人間はさまざまな細菌やウイルスに感染して命を落としていましたが、衛生状態がよくなり抗菌薬などが次々開発され、感染症にかかっても多くの場合助かるようになって来ました。闘う相手がいなくなったので、本来は敵ではないもの(花粉)を敵とみなすようになったとも考えられています。
 
セルフケアも大切
治療をうけていてもセルフケアも忘れずに。まずは、マスクとめがねで鼻や目に花粉が侵入するのを防御。コンタクトレンズの人は、外出のときには度の入っていないめがねを上からかけると良いでしょう。鼻粘膜に付着する花粉量を調べた研究によると、通常のマスクでは着けていないときの3分の1、花粉症専用マスクでは約6分の1に減少するそうです。できれば使い切りタイプで、自分の顔の形に合っていて、顔とマスクの間にすきまができないものを。マスクの間に湿ったガーゼを入れると、98%以上の花粉が防げるという報告もあります。衣類は花粉のつきにくいスベスベした素材のものを着用し、帰宅時は玄関に入る前に花粉を払い落とします。うがいや洗顔も効果的です。
なお、アレルギー改善効果がうたわれる食品もありますが、特定の食品ばかりを食べ続けるのは食生活がかたよるのであまりおすすめできません。バランスのよい食生活を送り、疲労やストレスを溜め込まないことが大切です。
 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆