千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の意外と多い!?女性の「痔主」!

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


意外と多い!?女性の「痔主」!

■2018/09/19 意外と多い!?女性の「痔主」!
 
「痔」といえば中年のおじさんがなるものというイメージで、「自分には関係ない!」なんて思っていませんか?実は、痔にかかる人数に男女差はほとんどないんです。
 
痔の種類は3タイプ
●切れ痔
硬い便などで肛門の粘膜が裂けたり切れたりした状態で、排便するたびに強い痛みが走り、排便後もジーンとした痛みが残ります。出血もありますが、量はそれほど多くなくおしりを拭いた紙に点々と血がついたり、便に少し混じったりするくらいです。
●いぼ痔
おしりの血管がうっ血しいぼ状に膨らんだもので、肛門の入り口付近にできる「外痔核」と、内部にできる「内痔核」があります。内痔核は、排便のときに便がいぼをこするため痛みが少ないのに多量に出血する一方、外痔核は腫れて激しく痛むのが特徴です。
●あな痔
細菌が直腸と肛門の間のくぼみに感染して化膿し、その膿が内部の筋肉に穴を開けながら外に向かって進んでいくもの。肛門のまわりに膿をもったおできができ、激しく痛みます。おできが破れて膿がでると痛みは治まりますが、穴はそのままで症状を繰り返しがち。
 
【最大の原因は便秘
便秘になると便が硬くなって排便のときに肛門を傷つけたり、頑張って出そうといきむことで肛門付近の血流を悪くするため、痔の最大の原因に。たとえいきまなくても、トイレで長時間座っているだけでもうっ血が進むので要注意です。ちなみに、普段は便秘でなくても妊娠中の便秘や出産時のいきみをきっかけに、痔になってしまう人も少なくありません。
 
【生活習慣の見直しが必須!】
薬で症状を抑えたとしても、痔の悪化・再発を避けるためには生活習慣の見直しが必須です。アルコールや香辛料のきいた食べ物は肛門を刺激するので控えめにしましょう。また、疲れやストレスがためると、胃腸の働きが低下するために便の状態が悪くなり、肛門に負担が。運動不足もうっ血が進む原因なのでウォーキングなどで体を動かしましょう。デスクワークなどでどうしても座りっぱなしになるときは、うっ血を避けるために「肛門に力を入れる→抜く」のストレッチをして血行をよくしましょう。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆