千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】のストレスと不調の関係

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


ストレスと不調の関係

■2018/08/29 ストレスと不調の関係
 
「ストレス」を感じると体はどうなる?
ストレスが加わると、人間の体では自律神経のうちの緊張型の交感神経が優位になり、心拍数があがって筋肉が緊張します。また、アドレナリンなどの脳内物質(ホルモン)が分泌され緊張や不安が高まり体にいろいろな症状があらわれます。
 
ストレスがまねく体の不調
・冷え
手足が冷たい、お風呂に入ってもなかなか温まらないといった「冷え」は、ストレスによって起こり助長されることもあります。ストレスで緊張し血流が悪くなる上に、交感神経の働きが過剰になって血管が収縮するからです。
・生理のトラブル
脳の視床下部には感情の中枢、自律神経の中枢とともにホルモン分泌の中枢もあります。そのため、心理的なストレスは生理の状態にも深く関係します。ストレスによって生理不順や生理痛、PMSなどのトラブルがひどくなったり、不正出血が起こったりします。
・めまい
ストレスによって自律神経の働きが失調すると全身のバランス感覚をつかさどる耳の奥の器官(内耳)の働きが乱れて、ふわふわとしためまいが起こります。難聴や耳鳴りを伴う「メニエール病」なども、ストレスに起因する病気と考えられています。
 
《発散だけじゃない!ストレス対策!!》
◆開き直る
ストレスに対して見方を変えると同じ出来事があまり気にならなくなったり、どうでもいいことに思えてきたりします。これが「開き直る」という方法。
たとえば、太っていることが気になる場合でも「私は私、そんなこと気にしない!」と自分自身の尺度を大切にできればストレスでなくなります。むしろ、自分らしく生き生きとできるはず。でも、「私は私」といってすべき努力をしないのはナンセンス。「ごまかし」にならないよう、積極的な解決を試みることも忘れずに。
 
◆浸る
ストレスによる悲しみ、つらさ、怒り…。感情が全部流れ出すまでどっぷりと浸ってみる。強い感情を思い切り体験することで気分が晴れ、やがて乗り越える力がわいてくることがあります。この場合、乗り越えるまでには時間が必要。悲しみから目をそむけたり、逃げたりしていると感情が消化されないまま、心や体の病気となってあらわれかねません。ストレスを感じるときの感情をしっかりと実感することが大切です。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆