千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の胃にやさしい生活と食事

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


胃にやさしい生活と食事

■2018/07/25 胃にやさしい生活と食事
 
◆胃はストレスの影響を受けやすい
何か心配事があったりトラブルが起こると、胃が痛んだり食欲がなくなったりするように、胃は感情の影響を受けやすい臓器です。その理由は、胃の働きが自律神経によって支配されているから
自律神経には、体を活動モードにする交感神経と、リラックスモードにする副交感神経とがあり、この二つがバランスよく働くことで心と体は健康を維持できます。胃の働きでいえば、交感神経は心身を緊張・活動的にさせるために胃液の分泌を抑え、逆に副交感神経は胃液を分泌させて消化を促します。
ストレスによって緊張が高まり、交感神経が過剰になると胃の働きが停滞して食欲不振や胃もたれに。さらに、交感神経の高まりにともなって副交感神経の働きが過剰になると、胃液が出すぎるなどして吐き気やむかつき、胃痛につながります。ストレスと自律神経、胃の働きは、とても深い関係にあるのです。胃を守るためにも、毎日短い時間でもリラックスできる時間を持つことが大切です。
 
◆消化がよく、刺激の少ないものは胃に負担をかけない
毎日の食習慣も、胃に大きな影響を与えます。早食いの人は食べ物をよく噛まないで飲み込むことになり、それだけ胃の負担が大きくなります。一度にドカ食いするのも×。寝る前に食べるのも、胃を疲れさせて機能を低下させますし、食事を抜くのも空っぽの胃に胃液が分泌されて胃壁を荒らしてしまいます。
唐辛子、にんにくなどの香辛料や極端に甘いもの、酢、コーヒーなどの摂り過ぎも粘膜への刺激が強すぎて炎症を起こす場合が。アルコールも胃の粘膜を刺激して胃液の分泌を促すので、適量なら消化吸収に役立ちますが、飲みすぎると胃粘膜にダメージを与えます。冷たいもの、熱すぎるものも胃粘膜を弱めるので注意。
胃にやさしい食事の基本は、「消化がよく、柔らかく、刺激が少ない」ものを栄養バランスよく食べること。とくに、卵や豆類、肉、魚などのたんぱく質は体を作る主成分で、胃や胃粘膜、胃液などの素となるもので体力をつけるためにも不可欠です。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆