千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性に多い「めまい」~立ちくらみタイプ~

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


女性に多い「めまい」~立ちくらみタイプ~

■2018/07/06 女性に多い「めまい」~立ちくらみタイプ~
 
立ちくらみタイプ
脳へ送られる血液の量が不足することで起こります。目の前が真っ暗になったようになる「立ちくらみ」は典型的な例。立ち上がったとき、重力の影響で下にさがった血液を押し上げる力が間に合わず、一時的に脳の血液が不足してしまうのです。肩こりなどで脳への血液循環が滞っているときや、内臓の出血やけがなどで急に大量出血したときにも脳への血流が不足して、このタイプのめまいにつながります。また、鉄欠乏性貧血で脳に充分な酸素がいかないときも同じようなめまいが起こります。
 
◆肩こりや頭痛がある
◆冷え症
◆ダイエットをしている
◆水分をあまりとらない
◆貧血がある
 
対策:脳の血液不足を防ぐ!
 
●困ったときはコップ2杯の水を
立ちくらみが起きそうだなと思うときには、直前にコップ2杯の水を飲んでおくと良いでしょう。水分不足が解消され、脳の血液不足によるめまいを防ぐことができます。入浴の前やスポーツで汗をかくときはもちろん、枕元にミネラルウォーターなどを用意しておき、朝起き上がる前に飲むのもオススメ。
 
●鉄分を上手に補給
・吸収率をアップするビタミンCと一緒に
鉄分は食事で摂りにくいうえ、吸収されにくいのが特徴。ビタミンCと一緒に摂ると吸収がよくなります。鉄分とビタミンCがいずれも豊富なパセリをおかずに添えたり、ほうれん草や小松菜などの青菜をレバーと炒める、献立にオレンジジュースを加えるなどするとより効果的。なお、一日の摂取量の目安は10~12㎎、妊婦・授乳婦は20㎎です。
 
・妊娠中&生理中は特に注意
胎児の成長のために鉄分が使われる妊娠中や生理中は、とくに鉄分が失われやすい時期。1回の生理で約20㎎の鉄分が失われるともいわれます。この時期は上に上げた食品に加え、ひじきなどの海藻類、豆腐などの大豆製品を特に注意してとりたいもの。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆