千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の「便秘」~まとめ~

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


「便秘」~まとめ~

■2018/06/25 「便秘」~まとめ~
 
便はこうして作られる!
胃から送られてきた食べ物は、まず小腸で、ほとんどの栄養分と水分の約80%が吸収され、残りが大腸へと運ばれます。大腸を通過するうちにさらに残りの水分が吸収され、固形化していきます。腸が伸び縮みを繰り返しながら消化物を送っていく働きを「蠕動運動」といいますが、そのあいだに栄養と水分を搾り取られた「かす」が便となって肛門から排泄されるのです。
 
【女性に便秘が多いのはなぜ?】
女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンには、大腸の蠕動運動を抑制する働きがあります。そのため、分泌量の増える生理前には女性は便秘になりやすくなります。さらに、ダイエットをしている人が多い、化粧などの身支度に時間がかかり朝のゆとりが少ない、男性より筋力が弱く腸壁も薄い、などの理由で便秘を招きやすくなります。
 
【便秘対策:基本の3か条】
1、朝はゆっくり、食事&充分なトイレタイムを
朝は排便のために最良のタイミング。からっぽの胃に食べ物が届くと「胃・結腸反射」といって、その刺激で腸には急激な蠕動運動が起こります。寝ている間に胃が空になるため、朝はこの反射がもっとも起こりやすいのです。朝食はしっかりとって、排便を促しましょう。ゆったりとした気分で食べると副交感神経が優位になり、腸の働きがより活発になります。また便意が起きたら気持ちよく排便できるよう、トイレタイムを充分に確保しておくことも大事。
 
2、に海藻、2にきのこ、3に根菜…食物繊維をたっぷりとろう
「サラダをたっぷり食べているから食物繊維は大丈夫」と思っていませんか?生野菜はかさのわりに、食物繊維量があまりとれません。いちばんのオススメは、わかめやひじき、もずく、めかぶ、ところてんなどの海藻。ミネラル類も豊富でお通じをよくします。2番目はしいたけ、しめじ、まいたけなどのきのこ類。3番目はごぼう、にんじん、大根、れんこんなどの根菜類です。
 
3、腸内の善玉菌を増やそう!1日200gのヨーグルトがカギ
腸内の善玉菌を増やすのも大事な対策のひとつ。善玉菌は糖質や食物繊維をえさにして、乳酸や酢酸などの有機酸を作り出し、腸内を酸性にします。この酸によって腸が刺激され、蠕動運動が活発に。善玉菌の代表は「乳酸菌」。乳酸菌入りのヨーグルトを続けてとることで腸内環境を改善することができます。1日200gを目安にして、毎日の習慣に。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆