千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】のタイプ別「便秘」~敏感腸タイプ~

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


タイプ別「便秘」~敏感腸タイプ~

■2018/06/13 タイプ別「便秘」~敏感腸タイプ~
 
便秘は、多くの女性が抱えるトラブル。「便が出ない」だけでなく、肌荒れやニキビ、口臭に悩まされたり、肩こりや疲れなどの不調も起こりやすくなります。便秘にはいくつかタイプがあるのでタイプ別にご紹介します。
 
敏感腸タイプ
腸の蠕動運動が強くなりすぎて、痙攣を起こすタイプ。痙攣によって腸が激しく収縮するため、便が粉々になって出にくくなります。ストレスで腸が緊張する人、やせ気味で腸が納まりきらない、または腸が長すぎて下垂している人などに多くみられます。下痢と交互に起こることもあり「痙攣性便秘」とも呼ばれます。
 
●おなかの痛みや不快感がある
●便がコロコロしている
●便秘と下痢を繰り返すことがある
●やせて体力がない
●精神的な緊張が多い
 
【敏感腸タイプの対策】
・腹式呼吸でリラックス
意識的にゆったりとした腹式呼吸を行うと自律神経のバランスが整い、リラックスして腸の緊張もほぐれます。ポイントは「横隔膜」を上下に動かすこと。横隔膜が動くことで腸へのマッサージ効果も期待できるといわれています。らくな姿勢でおなかをへこませながら、口から「ふーっ」と静かに息を吐き出し、吐ききったら軽く口を閉じ、おなかをふくらませながら鼻からゆっくり息を吸い込みます。これを10回ほど続けます。
 
・刺激物はNG
腸を刺激するアルコール、炭酸飲料、香辛料などはNG。腸の緊張や痙攣が高まって逆効果です。消化の悪いもの、熱すぎるもの、脂肪の多いものも控え、生ものは煮たりゆでたりして、柔らかく調理してから食べるようにしましょう。
 
・充分な睡眠、休息を
ストレスを解消して、腸の緊張をほぐすことも大事。睡眠や休養を充分にとり、心身の疲れを癒しましょう。疲れがとれて元気を取り戻すと、ストレスに強くなります。なお、「笑い」にはストレスホルモンの分泌を減少させる効果も。ビデオなどで思いっきり笑うのもいい方法です。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆