千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の生活習慣の乱れやストレスが不眠を招く

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


生活習慣の乱れやストレスが不眠を招く

■2018/03/12 生活習慣の乱れやストレスが不眠を招く
 
睡眠の目的は、心身、特に大脳の疲労回復。眠らない限り、大脳は休むことができません。睡眠不足によって心身が受けるダメージは、司令塔である大脳が疲れ果てているサイン。免疫力も低下し、病気の引き金にもなります。新しい血液が作られるのも睡眠中です。睡眠は生命維持に必要な現象です。
 

《眠りを妨げる原因》
1、生活リズムの乱れ
夜更かしが多く、就寝時刻がまちまちでは、体内リズムが乱れてしまいます。休日の朝寝坊もほどほどに。普段の起床時刻より2時間以上遅くなるのはあまりよくないです。昼寝のし過ぎや夕食後のうたた寝も厳禁。睡眠欲求が満たされてしまい、眠りに入る時間をますます遅らせてしまうことになります。
 
2、デスクワークが多く運動不足
疲れなければ、体は眠る必要を感じなくなってしまうもの。通勤などで歩く距離を増やしたり、こまめにストレッチなどを心がけましょう。
 
3、ストレス
脳に伝達されたストレスは、強い覚醒刺激になります。眠ろうと頑張ることもストレスになるので注意しましょう。
 
《ぐっすり眠るには》
・朝日をたっぷり浴びよう
日光を浴びると生成される脳内物質メラトニンは、睡眠を誘発するホルモンのひとつ。起きてから15~16時間後に分泌されるので、午前中の行動が勝負。また、夜は照明を落とし気味にしましょう。睡眠中は暗ければ暗いほど良いとされています。
 
・目を温める
多くの情報を視覚から得ているのが人間。最近はパソコンの普及で、さらに目を酷使しています。疲れきった目の緊張をほぐすと、全身リラックスして眠りやすくなります。47℃くらいの熱めのお湯にタオルを入れて絞り、目に当て、冷める前に外します。
 
・お灸をしよう
かかとの中央にある失眠(しつみん)というツボにお灸をすると、体が芯から温まり、熟睡できます。冷え症、むくみにも効果的です。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆