千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性に多い隠れ鉄欠乏症

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


女性に多い隠れ鉄欠乏症

■2018/03/05 女性に多い隠れ鉄欠乏症
 
鉄欠乏が進んで血色素値が減っていっても、案外自覚しにくいもの。それは、代償機構が働くためです。ヘモグロビンには酸素を運ぶという大事な働きがあるのですが、不足してくると、酸素を大盤振る舞いしはじめます。だから、体はけっこう耐えられてしまうのです。そして気づいたときには血色素値が正常な量の半分を切ってしまっているということがあります。
 
成人女性の体内には約2500mgの鉄が存在しており、そのうち約67%が血液中のヘモグロビンに含まれ、27%が肝臓などに蓄積されています。1日に食物から摂取できる鉄は1~1.5mg。一方喪失する鉄は、皮膚や腸から約1mg、女性はさらに生理で約0.5mgと、どうしても失うほうが多くなり、鉄不足に陥りやすくなります。そうなるといわば鉄の貯金箱である、貯蔵鉄から補充していきます。とはいえマイナスバランスが続けば、貯金も底をついてしまいます。病院で鉄欠乏性貧血と診断されるのは、貯蔵鉄が空になり、血色素値が50%を下回る段階になってから。でも実際は、日々の不足を補う貯蔵鉄がなくなったあたりからが貧血のない鉄欠乏症になります。ちなみに、血液中の“血清フェリチン”の値を調べれば、隠れた鉄欠乏が明らかになります。
 
鉄が欠乏すると体には様々な症状が現れ始めます。エネルギーが十分に作られず持久力が低下、朝起きられなくなったりします。また、脳の活動をサポートできず、記憶力や集中力、理解力が落ちたりすることもあります。
 
食事で急に鉄を補うのは無理。ひじきなど植物の鉄は吸収されにくいです。だからといって赤身の肉や魚など吸収されやすい動物の鉄にこだわって摂りすぎると栄養バランスが崩れます。鉄のサプリメントなど手軽に利用できるものもおすすめです。ちなみに鉄が吸収されにくいのは毒素でもあるから。一定量以上は取り込まないよう、体が自然にブロックしているそうです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆