千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の妊娠しやすい体作りのキーワード~「血」~

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


妊娠しやすい体作りのキーワード~「血」~

■2017/12/06 妊娠しやすい体作りのキーワード~「血」~
 
こんにちは!
 
《冷えは妊娠力の大敵》
子宮や卵巣が冷えると、血流が悪くなって、排卵や着床がうまくいかなくなることがあります。この状態を東洋医学では、「血」が滞った状態=「瘀血:おけつ」ととらえ、妊娠力を低下させる大きな要因に。「血」の滞りは、子宮筋腫や卵巣囊腫など、不妊につながる病気を招くこともあるので冷えには要注意です。
 
《こんな人は要注意》
・生理痛がひどく、経血の色が黒っぽい。経血にかたまりがある
・生理のときに温めると楽になる
・冷える場所にいる時間が長い
・冷たい飲食物をよくとる
・タバコを吸っている
 
《冷えない体になる》
・外側から温める
冷えから体を守るために、服装に気をつけましょう。ファッションを重視して薄着や生足で体を冷やすと、妊娠力の低下につながります。とくにお腹や腰周りを冷やさない服装を心がけましょう。腹巻きや毛糸のパンツなどで下半身を温かく保つと、骨盤内の「血」のめぐりがよくなり、卵巣や子宮も温まります。
 
・内側から温める
外側から温めるだけでなく、内側から温めるセルフケアも大切。毎日の食事に注意したり、運動を心がけたりすることで、体の中からポカポカに。なるべく冷たい飲食は控えるようにしましょう。体を温める代表メニューが鍋やスープ。寒い時期はもちろん、夏の冷房で冷えたときなどもおすすめです。運動では壁に片手をついて立ち、片足ずつ横に上げる。家事や歯磨きをしながらでもできる簡単エクササイズ。気づいたときにやりましょう。
 
・お灸で体を温めよう
生理中は、経血とともに体を温めるエネルギーとなる「気」も体の外に出ていってしまうので冷やさないように要注意。太ももの内側にある「血海:けっかい」というツボには、血流をよくする働きがあります。また、おへそから指3、4本分下にある「関元:かんげん」というツボには、体を温める力を高め、生理痛の改善にも有効です。寝る前などに、お灸で温めましょう。
 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:https://www.facebook.com/stclub.sokusai/
Twitter:https://twitter.com/bressline
アメブロ:https://ameblo.jp/bressline
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆