千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の東洋医学で女性の健康寿命を延ばしましょう

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


東洋医学で女性の健康寿命を延ばしましょう

■2017/09/25 東洋医学で女性の健康寿命を延ばしましょう
 
体形が変化し、なんらかの不調や病気があらわれやすくなる老年期は東洋医学で老化や病気があっても「闘う力」を備えていれば健康であると考えます。
はつらつとした心身を維持できれば、健康寿命を延ばせます。
 
≪女性は7年ごとに体が変化します≫
健康寿命とは、健康で活動的に暮らせる期間です。
寿命から、衰弱・病気・認知症などによる介護期間を差し引いたもので、昨今、寿命以上に重視されています。
東洋医学では7の倍数を女性の体の節目と考えます。
14歳前後で初潮を迎え、成熟期を過ぎ、49歳前後に閉経へと向かいます。
女性の場合、閉経した年を境に、体も心も折り返し地点を迎えます。
この折り返し地点こそもっとも心身のバランスを崩しやすい時期なので女性は、閉経前後である40代半ばから50代半ばの更年期をいかに過ごすかが、その後の老年期を健康に過ごすための最重要ポイントとなるのです。
人によっては更年期に心身にさまざまな変調が立て続けに起こって、波瀾万丈となることもありますが、この時期をうまく切り抜けると、50代後半から「第二の青春」といわれるように、活動的になる人もいます。
この先は老後を緩やかにするために、老後を左右する「腎」をいたわりながら、エネルギー源である「気」や、栄養のもとである「血」の巡りをよくする養生が大切になります。
老化に伴い、病気を発症する場合もありますが、たとえ病があったとしても上手に闘い、心身の力を維持することができれば、健康寿命を延ばすことは可能です。
 
≪健康寿命を延ばすポイントは「腸」「血管」「骨」「心」≫
年齢を重ねつつも、心身の元気を維持し、健康寿命を延ばしたいと誰もが思うものです。
更年期以降から老年期にかけては、腸、血管、骨、心の4つの要素が健康を維持する柱となります。
「腸」は健康をつくる土台となるもので、体のエネルギーや心の元気とも深く結びつきます。
「血管」がしなやかであれば、見た目も体の中も若々しいといえます。
「骨」は更年期以降、一気に老化が進むために注意が必要です。
骨が丈夫であれば、関節痛や腰痛なども起こりにくいものです。
そして、最後に「心」。
うつや落ち込みなど、心の不調が起こりやすいのが老年期です。
自分の体の状態に注意を払い、これら4つの要素に変調や異常が起こっていないかチェックをしましょう。
生活養生を行ったり、東洋医学の力を頼ったりすることで、老化の進行を確実に遅くし、健康度を高めていくことができます。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/Nq-g
Twitter:http://p.tl/rrwC
mixi:http://p.tl/IQW6
アメブロ:http://p.tl/kxqD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆