千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】のセルフケアで更年期症状を緩やかにする

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


セルフケアで更年期症状を緩やかにする

■2017/09/01 セルフケアで更年期症状を緩やかにする
 
こんにちは!
 
生理が止まり、閉経を迎えるのは一般的に50歳頃です。
その前後45~55歳頃を「更年期」と呼びます。
更年期に入ると女性の体は閉経に向かって卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌も減っていきます。
こうしたホルモンの変動に体がついていけず、心や体のあちこちに不調がみられるようになるのが更年期です。
東洋医学的には、体に栄養や潤いを与える「血」や、エネルギー源となる「気」が不足したり滞ったりしてくる時期です。
更年期はすべての女性に訪れる、心と体の「変わり目」の時期といえるでしょう。


 
≪ストレスが多い人に見られがちな症状≫
わけもなくイライラしたり、怒りっぽくなったり、以前なら我慢できたことが我慢できなくなる、といった症状は、ストレス過多の生活を送っている人に多くみられます。
体と心に栄養と潤いを与える「血」が不足して巡りも悪くなること、エネルギー源である「気」も全身に行き渡らなくなることで、過剰に生じた熱を冷ますことができず、カッカッと怒りっぽくなりがちになります。
 
≪イライラを緩やかにするセルフケアとして≫
◎熱を冷ます緑茶や苦みのある食べ物を
緑茶には、体にたまった余分な熱をほどよくさます働きがあります。
イライラしがちな心を静めるためにも、お気に入りの茶器でゆったりと楽しんでください。
また、ゴーヤやきゅうり、セロリのような苦みのある食べ物も、余分な熱をさまし、高ぶった神経を鎮静化します。
また、れんこんは、体に潤いを与え、過剰な熱を静めてくれます。
 
◎深呼吸して心を落ちつけよう
イライラしがち、のぼせがちな人は、もともと頑張り屋のため、困難なことに立ち向かい、自らストレスを生みがちです。
そんなときは下腹に息をためるようなつもりで、大きく息を吸い、しばらくためたあと、ゆっくりと吐いていきます。
繰り返すと興奮が徐々に静まります。
 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/Nq-g
Twitter:http://p.tl/rrwC
mixi:http://p.tl/IQW6
アメブロ:http://p.tl/kxqD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆