千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の胃腸の調子を整える心がけ

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


胃腸の調子を整える心がけ

■2017/03/13 胃腸の調子を整える心がけ
 
胃腸を動かしているのは、自律神経の中でも、リラックスしている時に働く副交感神経です。

「胃腸が動いているのに、リラックス?」と意外に思うかもしれませんが、実際、「ランチの後に眠くなる」という体験をしたことがありませんか?

この「食事の後の眠気」というのは理にかなっていて、胃に食べ物が入ることで副交感神経が働き、胃腸を動かすのですが、この副交感神経が働くゆえに眠くなってしまうのです。

一方、ストレスを受けると自律神経の中でも活動するときに働く交感神経が興奮した状態になり、副交感神経がうまく働かないので、胃腸の働きが鈍ります。


胃痛や胃もたれといった不快感がなくても、胃のあたりを触ると硬くはった感じになっているのがそのサインです。
そんな状態のときに、「元気を出そう!」とステーキやうなぎ、かつ丼といった脂っこい物を食べると、消化不良となって、かえって不調を助長し逆効果になってしまいます。
ストレスによって胃腸の働きが悪くなっている時は、次のことを心がけましょう。

 
≪食事相手を選ぶ≫
ストレスを受けている対象が上司や同僚、近所の知人といった「人」の場合なら、せめて食事のときは一緒にならないように、避けられるものなら上手に避けてください。
食事の相手には、自分にとってストレスにならない人を誘いましょう。
たまには誰にも気兼ねせず、一人で食事をしてみることもおすすめします。

 
≪食事中は考えない≫
ストレスがあるときは食事のときもいろいろと考えがちですが、その「考え」が胃腸の働きを悪くします。
食事中はストレス原因となることをなるべく考えないようにして、全く別の楽しい会話に集中するようにしましょう。

 
≪リラックスを演出≫
食事は、エネルギーを補うという役割だけでなく、精神を安定させる効果もあります。
たまには「自分へのご褒美」としてリッチな食事を楽しんだり、自宅でも盛り付けやテーブルセッティングにこったり、間接照明で演出したりと、リラックスできる環境づくりを試してみましょう。

 
≪腹八分目≫
過食症にみるように、ストレスを受けて「脾」のバランスが崩れると、ドカ食いややけ食いといった、食事量の調整がくるってしまう場合もあります。
胃腸の働きが弱っているところに、余計な負担をかけることになります。
胃腸の働きに余力を残す意味で、腹八分目を心がけてください。

 
≪「ああ夏か」はNG≫
胃腸が疲れている時は、消化が良い食材を選んでください。
山芋、ナツメ、生姜、カボチャ、大豆、温野菜がおすすめです。
逆に避けてほしいのは、「甘い物」「脂っこいもの」「生もの」「冷たい物」「辛いもの」です。それぞれの頭文字をとった「あ・あ・な・つ・か(ああ夏か)」で思い出しやすいでしょう。

 
≪睡眠でカバー≫
胃腸の調子が悪くて、消化がうまくいっていない場合は、無理に食事をとろうとしないで、眠ることに意識を向けてください。
食事をすることは、気を補うことにもなるのですが、食事の代わりに睡眠で補うことも可能です。
また、ストレスを受けたことで食欲が異常に増した場合も、睡眠をとるように意識するといいでしょう。
人間の三大欲といわれる「食欲」「性欲」「睡眠欲」は、それぞれの脳の中で近い位置から指令が出ています。
「脾」が乱れたことで過食になってしまった際に、「食べる量を減らそう」とすること自体、ストレスになってしまいかねないので、食欲を無理に抑えないで、睡眠欲を充実させることで、ストレスのダメージを対処することができます。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆