千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】のストレスと胃腸の関係

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


ストレスと胃腸の関係

■2017/03/08 ストレスと胃腸の関係
 
ストレスと胃腸の関係についてのお話を致します。
まずは、大勢の前での講演やプレゼン発表など、緊張するような場面の直前に、「食欲がなくなる」といった経験をしたことはありませんか。

「ストレスを受けると胃腸の調子が悪くなる」という、みなさんが実際に体験していることは医学上、理にかなっている反応なんです。

ストレスを受けると、自分の意志に関係なく働く神経である自律神経の働きが乱れます。

この自律神経は胃腸の働きにも関わっているので、自律神経が刺激を受けると、胃腸の働きが抑えられてしまうということです。
 

東洋医学の五臓でいえば、自律神経をコントロールして情緒の安定を助ける働きをしているのが「肝」です。
「肝」は「脾」と相克の関係にありますから、肝がストレスによってダメージを受けると、「脾」の働きにブレーキをかけてしまうことになります。
つまり、ストレスがかかった心身は、「肝」の機能低下をもたらし、それが高じて「脾」の働きも悪くなってしまい「胃がキリキリと痛む」「消化が悪い感じがする」「胃がもたれる、重い感じがする」などといった症状が出てくることになるのです。
 
もちろん、胃腸の調子が悪くなる原因にはストレスだけでなく、他にも暴飲暴食といったいろいろな要因がありますが、ストレスを受けたことによる胃腸の不調は、一日で胃粘膜から出血するような病気にもなりかねないので、特に注意が必要です。
 
強いストレスが心身にかかったことで、急に腹部が痛くなったり血を吐いたり下血したり、といった症状が出たら、「急性胃粘膜病変」が疑われます。
ストレスが原因で自律神経の働きがおかしくなって、胃の粘膜に強い炎症があらわれる病気です。
 
そのほか胃腸の不調が引き金となる病気では、潰瘍や癌、食道炎といった異常がないにも関わらず、胸焼け、胃痛や胃の不快感などの不調がある場合にみられる「機能性ディスペプシア」や、緊張すると急にお腹が痛くなったり下痢を繰り返すという「過敏性腸症候群」が挙げられます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆