千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の東洋医学で診る「肝」に元気がないとイライラする?!

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


東洋医学で診る「肝」に元気がないとイライラする?!

■2017/03/04 東洋医学で診る「肝」に元気がないとイライラする?!
 
体はストレスを受けると、自律神経がダメージを受けます。
「五臓」でいえば、「肝」の働きが乱れます。
「肝」はストレスを受けた際の体全体の「入り口」「玄関」となることから「ゲートウェー」ともいえます。
別のいい方をすると、ストレスを受けた心身を守るにあたって、中心的な役割を担うのは「肝」となります。
さらに、「肝」の働きの乱れは「心」と「肺」に派生し、自覚できる明らかな不調となって影響を及ぼします。
ストレスのゲートウェーである「肝」から連鎖した、五臓のうち残る2つの「脾」と「腎」に関わる不調についてのコーピング術を紹介するとともに、ストレスを受けてもビクともしない、ストレス耐久力が強い体づくりのためのコーピング術を紹介したいと思います。
 
これまで「ストレスを受けると、不調が自分の弱いところに出る」と紹介しました。
逆に、「弱いところ」が少なければ少ないほどストレスを受けても不調が出にくいともいえます。
弱いところをなるべくなくすためには、どうすればいいのか。
それは、①体の気を日々、生み出せるようにする②なるべく、そのエネルギーをすり減らさないようにする
 
ストレスを受けた際には、そのストレスに対処するために、普段の生活に加えてプラスアルファのエネルギーが必要になります。
エネルギーが満ちてさえいれば、ストレスがつけ入る弱点もなくなるわけですから、ストレスにうまく対処することができ、結果的に不調も出にくくなります。
しかし、エネルギーが不足していると、ストレスに打ち勝つだけの余分なエネルギーをもち合わせていないために、「肝」の不調が出てくることになるのです。
 
「元気がない=気が不足している」状態の体は、ストレスを受けてもうまく対処できないので、「肝」がダメージを受けイライラしやすくなるのは当然のことです。
東洋医学の考え方からいえば、とても普通な反応といえます。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆