千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の現代人に多い不眠の症状と原因

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


現代人に多い不眠の症状と原因

■2017/02/22 現代人に多い不眠の症状と原因
 
雑誌や新聞の記事で、「ストレスを抱える現代人は睡眠に悩んでいる」といった見出しや特集をよく見かけます。

たしかに、ストレスと睡眠は密接に関係しています。

ストレスを受けたことで、体は「ストレスから身を守ろう!」と反応し戦闘態勢に入ります。

自律神経のうち交感神経が緊張した状態です。

一方で、「眠る」という行為は、自律神経のうちの副交感神経が優位になって初めて可能なことなので、ストレスを受けていつまでも交感神経が働いていると、体は覚醒状態のままとなり、眠ることができなくなってしまうのです。

特に日本人の場合は、睡眠トラブルの中でも「不眠」が大きな問題になっているといわれます。

厚生労働省が2011年11月に実施した国民健康・栄養調査では、平均睡眠時間は男女とも「6時間以上7時間未満」が最も多く、「ここ1ヶ月間眠れないことが頻繁にあった」人は男性13.2%、女性13.6%と、睡眠時間が短くなり、不眠状態にある人が多いという実態が浮き彫りになりました。

 
ただ、ひとくちに「不眠」といっても症状はさまざまで、
「ベッドに入ってもなかなか眠れない」(入眠障害)

「夜中によく目が覚めてしまう」(中途覚醒)

「朝早く目が覚める。目覚ましが鳴る前に起きる」(早朝覚醒)

「いつもと同じ睡眠時間でも寝た気がしない」(熟眠障害)


といろいろあります。
 
不眠症状のうち、「眠りが浅い」「夢を見やすい」「ちょっとした物音で起きてしまうほど敏感になっている」という症状は、東洋医学では「意識や精神状態と関係している睡眠の不調」と考えられていて、五臓の中でも「心」が関係しています。

「心」は精神状態に関係している臓ですが、とくに「覚醒・睡眠リズムの調整」は「心」にとっての大事な働きの1つです。

ですから「心」がダメージを受けていると、「寝ている間に、よく夢を見る」「途中で目が覚める」といった不調が出やすくなります。

ちなみに、「不安で眠れない」「いろいろ考えて頭がさえて眠れない」といった入眠障害は「肝」のトラブルによる睡眠の不調が関連している場合もあります。

このように、睡眠のトラブルである不眠も、それぞれの症状によって背後にあるストレス要因が異なるので、症状に合った対策を実践することが大事になります。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆