千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の不妊改善・・卵子のために自分でできること

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


不妊改善・・卵子のために自分でできること

■2016/12/07 不妊改善・・卵子のために自分でできること
こんにちは!
 
毎日の生活の中で卵子自体の老化を止める方法は見つかっていませんが、食生活が妊娠力と関連することがわかり、注目を浴びています。

 
≪ホルモンバランスを安定させるために血糖値を急激に上げない≫
血糖値の高い状態はホルモンバランスを崩します。

卵子の質を保つには、炭水化物のとり方に気をつけて「血糖値を急激に上げない」ことがポイントです。

炭水化物は体に必要なものなので、まったくとらないのはNG。

炭水化物を上手にとるには、食べ過ぎないこと、できるだけ精製していないものを選ぶのがコツです。

精製していないものとは、玄米や全粒(ぜんりゅう)粉(ふん)を使ったパンなどで、これらは消化に時間がかかるため血糖値の上昇が緩やかになります。

白米、白いパン、砂糖、清涼飲料水などはとりすぎに注意。

 
≪ホルモンの材料になる脂質は良質のものを選ぶ≫
「脂肪は太る」と敬遠されがちですが、実は細胞膜やホルモンの材料にもなる重要なものです。

体に悪いタイプの脂質は避け、よいものをとりましょう。

脂質は4種類に分けられますが、オリーブオイルや魚などに含まれる「不飽和脂肪酸」は、体内の炎症を抑えるため、卵子にプラスに働きます。

そのなかでも「オメガ3脂肪酸」と呼ばれるグループは積極的にとりたいものです。
逆に、炎症をひどくする「トランス脂肪酸」は、子宮内膜との関連も指摘されている物質なので、摂取を控えた方が良いでしょう。

 
≪たんぱく質は植物性のものを積極的にとること≫
野菜を多くとろうと心がけていても、たんぱく質の量はさほど気にしていない人も多いのではないでしょうか。

たんぱく質には肉、魚など動物性のものと植物性のものがありますが、植物性タンパク質を多めにとっている女性の方が排卵障害のリスクが低いことが明らかになっています。

1日1食分を大豆製品など植物性たんぱく質のものにしてみると、効果的です。

ただし、大豆製品でたんぱく質を補うには、重量にして肉類の1.2倍の摂取が必要なので注意してください。
 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/Nq-g
Twitter:http://p.tl/rrwC
mixi:http://p.tl/IQW6
アメブロ:http://p.tl/kxqD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆