千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】のストレスによる不調の連鎖はなぜ起こるのか

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


ストレスによる不調の連鎖はなぜ起こるのか

■2016/11/18 ストレスによる不調の連鎖はなぜ起こるのか
 
五臓はそれぞれに独立して存在しているのではなく、連鎖しています。

例としてAさんのストレス不調の連鎖の経過を挙げます。
 

①ストレスとなった「いやな事柄」を、一日に何度もフラッシュバックのように思い出して、気持ちが興奮して、体のこわばりも感じたそうです。

これは、「いやな事柄」というストレスが、自律神経をコントロールしている「肝」という臓にダメージを与え、「繰り返し思い出して、気持ちが興奮し、体のこわばりを感じた」という不調となってあらわれている状態です。


②次に、「おしゃれをする気がなくなってきた」「一日中、ぼんやりしていて、やる気が起きなくなった」とのことです。

逆に、あるときは突然「なんだか些細なことでイライラする」こともあり、これも「肝」の働きが悪くなっていることが原因だといえます。


③①→②の段階を経て、次に自覚したのは、睡眠中の異常です。

「ちょっとした物音で起きてしまう」という神経過敏な反応があらわれました。

また、通勤ラッシュ時に、今までは感じたことのない動悸を覚えました。

これらの不調は、「心」が影響を受けている状態です。

「心」は血液循環を司る臓で、意識や思考などの精神活動をコントロールする働きもあります。


④そして日中、なんでもないときに「思わず涙が出そうになる」という、感情のコントロールができない「感情失禁」の状態に。

また、風邪をひいているわけでもないのにのどがイガイガして、空咳が出やすくなりました。

これは、呼吸器を司る臓「肺」がダメージを受けてしまっていることに伴う反応といえます。


⑤こうした症状と同時に、「食欲が減退」したかと思うと、夜中や寝る前にイライラして無性に甘い物を食べたくなったりもしました。

これは、「脾」という消化・吸収を司る働きを示す臓がダメージを受けて生じる典型的な不調です。

この段階までくると、睡眠不足に加え、食欲不振によるエネルギー不足によって、ますますやる気も出てこなくなってきました。


⑥そして、気づくと白髪が突然目立ったり、やつれて急に顔が老け込んだりするという、人間の成長や発育、老化と関係が深い臓「腎」の働きが悪いことで起きる不調を覚えるようになりました。


腎は、生まれながらにもっているエネルギーを貯めておく臓なので、腎がダメージを受けると「老け」に繋がります。
 

みなさんもストレスを受けた際に、①から⑥までの症状と全く同じにないにせよ、似たような不調の経験があるのではないでしょうか。

「やる気が起きない」「眠りが浅い」「食欲がない」といった不調は、それぞれに関係する臓がダメージを受けて生じるのですが、それぞれの臓が連鎖することで起きる症状でもあるのです。







◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆