千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の自分の身体のこと分かっていますか?

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


自分の身体のこと分かっていますか?

■2016/10/11 自分の身体のこと分かっていますか?
 
本来、「自分の体は自分が一番よく知っている」はずなのですが、そうではないケースも多々あります。

その典型例は、「自分の体のイメージ」が、心身が健康なピーク時でとどまっている場合です。

 
30代、40代になっても「20代で深夜まで仕事をしても夜遊びしても、翌日はシャキッと朝を迎えていた自分」といったイメージを持ち続けていると、「自分の体は大丈夫」といった過信や「少しくらいの無理なら許容範囲」といった甘えも生じ、自分の体調への判断を鈍らせます。


場合によっては、自分の不調には気づかない一方で、他人の不調のことの方が冷静に分かることさえあります。
 

また、東洋医学でいう体力があり胃腸機能も強い「実証」の人の方が、もともと疲れやすく胃腸機能が弱い「虚証」の人よりもストレスに強いのではないかと思われがちです。

たしかに虚証の人は、気候や環境の変化に敏感に反応して、体調を崩しやすいのですが、逆にいろいろなストレスや変化を敏感に感じるのも虚証の特徴といえます。

この「変化を敏感に感じ取れること」が功を奏(そう)して、じつは虚証の人の方がストレスに対して早めの対応ができ、不調が深刻にならずにすむことにもつながります。
 

一方で、実証の人の場合は自分の体力を過信しがちで、ストレス・レセプター力が鈍っていることが多く、その結果、突然体調を崩してしまうような事態にもなりかねません。

この実証と虚証の区別は、もともとの体質もありますが、人の一生を考えた場合、一般的に若い頃は「実証」で、年を重ねるごとに「虚証」へと変化していきます。

そのため、心身のピーク期の30代から「虚証」へと移行していくにも関わらず、ずっと20代の「実証」であるかのような認識でいると、ストレスを受けても「このくらいなら大丈夫」と過信してしまい、不調に気づくのが遅くなりがちで、気づいた時には「かなり悪い状態」ということにもなりかねません。

 
虚証であっても実証であっても、ストレス・レセプター力をつけて「自分を知る」ということがいかに大切なことかわかっていただけたと思います。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/Nq-g
Twitter:http://p.tl/rrwC
mixi:http://p.tl/IQW6
アメブロ:http://p.tl/kxqD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆