千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性ホルモンの変動によって起こる症状と病気

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


女性ホルモンの変動によって起こる症状と病気

■2016/09/30 女性ホルモンの変動によって起こる症状と病気
 
女性は毎月のホルモンの変化によって日常の体調や気分が変わります。

月経前のPMSや出産後の精神的な症状、閉経が近づくにつれての身体の不調、甲状腺ホルモンによる病気など女性の身体はとても繊細なものなのです。

 
≪閉経前後のひどい落ち込み:更年期うつ≫
卵巣の働きが低下し、閉経をはさんだ前後約10年間の「更年期」は、一般的に45~55歳くらいまでといわれます。

ほてりや発汗、めまいなどの体の不調のほか、うつ症状や気分の浮き沈み、集中力の低下などの心の不調があらわれやすい時期です。

女性ホルモンの急激な減少に加えて、更年期は子どもの自立や親の介護、夫婦関係の変化など新たな問題が生まれる時期です。

積み重なったストレスにより、うつ症状が強くなると考えられています。

心の不調を「更年期のせい」と放置すると症状悪化のもとです。

自分の大好きなことをする時間やリラックスできる時間を大切にし、充分な休養をとることも大切です。
 


≪イライラや落ち込みがサインに:甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症≫
イライラしたり不安感が高まる、あるいは落ち込みやすくなるといった心の不調が「甲状腺ホルモン」の異常によって起こることがあります。

甲状腺ホルモンは、首の前側にある器官で、主に全身の代謝を上げる働きをしています。

この分泌が過剰になる「甲状腺機能亢進症(バセドウ病が代表的)」では、心拍数が増加し、手の震えや体重減少がみられるほか、イライラしたり集中力がなくなったり、うつ状態になることもあります。

反対に甲状腺ホルモンの分泌が低下する「甲状腺機能低下症(橋本病が代表的)」では、疲労感、冷え、便秘、体重増加のほか、物忘れが増えたり、表情が乏しくなり、更年期障害やうつ病と間違えられる場合があります。

いずれも最近、年齢を問わず増えている病気です。

 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆