千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性に多いパニック障害はなぜ起こるの?

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


女性に多いパニック障害はなぜ起こるの?

■2016/08/02 女性に多いパニック障害はなぜ起こるの?
 
こんにちは!
 
パニック障害は、ストレスが最高潮に達し、追いつめられた状態で発症しやすくなります。

スピード化・情報化された現代では、誰もが何かに追われるように暮らしています。

先進国ほど多い傾向が見られるパニック障害は、ある意味現代病といえるのかもしれません。

とはいえ、死ぬほどの恐怖を味わう発作も、実際には数分から数十分で何事もなく治まります。

生死に関わる病気ではないことを知ったうえで、広場恐怖が重症になったり、うつ状態を伴う前に、適切な治療を受けることが大事です。


 
≪脳内で神経伝達物質の活動が高まって起こる≫

パニック障害の原因は、正確には分かっていません。

ただパニック発作が起きている時、脳内の神経伝達物質(脳内物質)のひとつで、不安や興奮と関係するノルアドレナリンの活動性が高まっていることが知られています。

これがパニック発作を引き起こし、自律神経の緊張状態で生じる、動悸や早い呼吸、発汗などの症状が起きてきます。


 
≪発作の合間に「予期不安」が生じるのが特徴≫

発作には、「心臓がバクバクして鼓動が激しくなる」「ハアハアして息苦しい、息ができない」「めまいで立っていられない」「冷や汗やほてり、手足の震え」など、特有の症状があります。

それに加え、「このままだと死んでしまう」「気が変になってしまうのではないか」「誰も助けてくれない」などの恐怖に見舞われるのも特徴です。

こうした発作を「パニック発作」といい、この発作が何度も繰り返されるため、発作がないときでも、「いつまたあの恐ろしい発作が起こるのではないか」という強い不安に、常に怯えて暮らすことになります。

これを「予期不安」といい、パニック障害という病気には、この予期不安が必ず生じてきます。
 


≪乗り物や人混みが怖い「広場恐怖」に陥り日常生活に支障が≫

予期不安が高じてくると、万が一パニック発作が起きたらすぐに逃げ出せない場所や、助けを求められない状況を恐れ、強く避けるようになります。

「通勤電車の中で発作が起きたら逃げられない」「歯医者で治療中に起こったらどうしよう」と思うと出かけられなくなったり、逆にひとりで家にいることができなくなるのです。

これは「広場恐怖」と呼ばれ、パニック障害の4分の3の人が、多かれ少なかれ体験するといわれます。

広場恐怖があると、仕事を失ったり家事ができなくなるなど、日常生活に支障が出るうえに、関心や意欲が低下するうつ状態を伴うことも多いため、辛さが増してしまいます。
 


 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)、心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆