千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性の心の健康を左右する職場ストレス

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


女性の心の健康を左右する職場ストレス

■2016/06/04 女性の心の健康を左右する職場ストレス
 
1日のうちでも長い時間を過ごす職場。
だからこそ、職場でのストレスは心の健康を大きく左右します。

一番の悩みの種はやはり人間関係です。


なにしろ職場の上司や同僚とは、家族や恋人より一緒にいる時間が長いことも多いものです。

対人関係のストレスをないがしろにすると、心の健康を損ねてしまいます。


 
≪ネチネチいじめは深刻な「反復ストレス」≫

いわゆる「お局さま」のネチネチいじめのように、毎日同じように加わるストレスは、「反復ストレス」といって、心への影響が想像以上に深刻です。


 
ストレスには「質」「量」「繰り返し」によって深刻度が増します。

自分ではささいなストレスと思っても、毎日の繰り返しから精神的にダメージを受け、出社拒否やうつになることもあるほどです。


特に「自分が悪い」と考えがちな人は、この手のストレスを溜め込みがちです。

 
≪こういうタイプがいじめられやすい≫

女性同士では、自分をしっかり持ちすぎても、逆に自分がなさ過ぎてもいじめられやすいところがあります。


自分を持ちすぎると、目立つために足を引っ張られてしまう。


反対に相手に合わせてばかりいる人も、やり返すはずがないと思われ、つけ込まれてしまいます。


あまりにも負担を感じる要求には「ノー」と言いましょう。

罪悪感を抱くと、かえって失礼な言い方になることもあります。

できないという事実を伝え、要求にこたえられないことに対する残念さを、さらりとひと言伝えれば十分でしょう。

また、女性同士だとライフスタイルの違いが嫉妬を生むこともあります。

産休明けの人に、女性の同僚が冷たいというのも、よく耳にします。

でもそこまで生真面目に反応してしまうと、相手は心理的にもっといじめたくなるものです。

聞き流し、超然とわが道を行く人には、相手はかえって何も言いません。

また「ちゃんとしなくちゃ」と思ってしまうと、ストレスが強くなるので気をつけてください。
 


≪万人と仲良くは無理。限界をわきまえて≫

人間にはそれぞれ相性があり、誰とでも仲良くなれるわけではありません。

どんなやり方をもってしても、絶対に合わない人はいるものです。

ですから職場には仲が悪い人もいて当然だと考え、何より自分の心を守ることを大事にしましょう。

これ以上は自分の心がおかしくなる、という自分の限界をしっかり意識し、限界だと思ったら仕事を辞めるくらいの気持ちを持ちましょう。


≪気づいていない上司にはきちんと進言≫

もし上司が単純な人で、自分の言動が人を振り回していることに気づいてない場合には、率直に「辛い」ということを告げましょう。

「どうせ言っても変わらない」と思ったり、「嫌われたら困る」と思うと、なかなか言い出しにくいでしょうが、言葉にしないと相手には分かりません。

こういう上司は別に他意もないので、意外に「そうだったの!」と驚いて改善するものです。


 
≪確信犯的な上司からは自分を守ることが第一≫

心の健康にとって問題が大きいのは、嫌がるのを承知で確信犯的にやっている、モラルハラスメント的な上司の場合です。
そういう相手には、とにかく自分の心の防衛策をとるべきでしょう。


 
まず、同じ立場で苦しむ仲間を見つけて語り合うことです。

「自分が悪い」「我慢しなければ」という心のモードにはまるのを防ぐことができます。

 
また、「職場で何をしたいのか」を自問してみて、先の見通しがつけば辛さも軽減できるはずです。

逆にその見通しもなく、続ける価値が見いだせないなら、ダメもとで頼れそうな人に相談してみるのもひとつの方法です。


 
≪セクハラがきっかけでうつや引きこもりにも≫

相手は軽い気持ちで触れるのだとしても、女性の心に多大なストレスを与えるセクハラ。

それがきっかけでうつになったり、黙って会社を辞めて引きこもってしまうこともあります。


 
また頭の中に嫌な出来事が焼き付いてしまうPTSD(外傷後ストレス障害)になることもあります。

一人で悩んだまま黙って会社を辞めるというのが、一番心の負担を大きくするので、身近な人に相談するか直接関係のない友人などに話して、とにかく気持ちを外に出すことを心がけてください。


 
≪「私が悪い?!」はストレスを強めるだけ≫

セクハラに遭った時、「自分にすきがあったから」「私のせいだ」と考えてしまったり、「恥かしくて言えない」と黙っていたりすると、ストレスは大きくなってしまいます。

 
体に触れられたらわざと驚いて「私は人に触られるとびっくりするんです」とオープンに言うのも一案です。

あるいは本当に嫌なら誠意を込めてそれを伝えたり、親しい人に言ってもらったりするなど、自分に合った方法を選びましょう。

いずれにせよ状況をそのまま放置しないのが一番です。

法律も女性の方が味方なので基本的に強気の対処をしてください。

 
≪「この仕事が向いていない」という悩みの陰に対人関係のストレスも≫

現代人にとって仕事は、決してお金を稼ぐための手段だけではありません。

それは自己現実の手段だったり、社会貢献の手段だったりして、精神的な健康を保つうえでかなり重要な役割を果たしているものです。

ですから、心の健康を守るためにも、職場でのストレスをないがしろにしないでほしいと思います。

 
さて職場に対して、多くの人は「仕事がつまらない」「自分に合った仕事じゃない」ためにストレスを感じると思いがちなのですが、よく見てみると、実際は対人関係がうまくいっていないためのストレスである場合が多いものです。

「この仕事が向いていない」という問題にすり替えていないか、問い直してみる必要があります。

対人関係の問題さえ解決すれば、その職場でストレスを感じずにすむことも多いのです。


 
職場を選ぶとき、普通は仕事の内容を重視しがちですが、むしろ人との接し方で選ぶ方が自分に合った職場に出会えることもあります。

対人関係が得意か苦手か、自分の適性を考え、苦手な人は毎日人に会うような職種ではなく、コンピューターに向かう職種を選ぶとか、大人数との付き合いは苦手な人や、友人づくりが苦手な人は、規模の小さな職場を選ぶようにしましょう。


 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)心療内科系に対しての治療も行っております。
 
また、平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆