千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の体内時計でわかる時間と栄養の関係

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


体内時計でわかる時間と栄養の関係

■2016/05/09 体内時計でわかる時間と栄養の関係
 
こんにちは!
 
日本人の摂取カロリーは、昔より減少しているにも関わらず肥満は増え続けていて、最大の原因は夜遅い食事などの食生活の乱れと考えられています。

そこで、今注目されているのが「食べるタイミング」です。

同じ量やカロリーの食事でも、いつどんなものを食べるかによって体形に大きな差がでるのです。

ここでは、こうした事実を明らかにした「時間栄養学」に基づくダイエットのポイントをお話しします。


 
≪私たちの体には、1日周期の「体内時計」があります≫

時計を見なくても、毎日同じ時間帯におなかが空いたり、眠くなったり…というのは偶然ではなく、私たちの全身の細胞に備わっている「時計遺伝子」の働きによるものです。

時計遺伝子には、ホルモンの分泌や自律神経などを調整する機能があり、食欲を促したり、体温や血圧を下げて体を休息モードに切り替えたりする働きがあります。

こうした遺伝子の働きは、主に1日周期で同じリズムを繰り返すのが特徴です。
この働きが、いわゆる「体内時計」と呼ばれるものです。


 
≪体内時計のリズムに合わせて食べれば、食事の量を減らさなくても痩せられる≫

このような体内時計のリズムを活用すると、食事の量を減らさなくても痩せることが可能です。

体内時計が体に食事の時間を知らせると、内臓の働きが活発になり、消化を促す酵素や脂肪をエネルギーに変えるホルモンの分泌量が増加します。

このタイミングに合わせて食事をとることで、消化や代謝がスムーズに行われ、体脂肪の増加が妨げるというわけです。

体内時計に従った理想的な食事の時間は、朝食は7~8時、昼食は12~13時、夕食は18~19時です。

このリズムに実際の食事の時間をできるだけ合わせるのが「時間栄養学ダイエット」です。


 
≪体内時計をリセットしてエネルギー代謝を活発に≫

私たちは1日24時間のリズムで生活していますが、人間の体内時計の周期は1日25時間なのです。

脳や内臓に朝が来たことを知らせ、この1時間の差をリセットしてくれる役割を果たすのが「朝日を浴びること」「朝食を食べること」です。

朝食を抜くと体内時計が狂うため、昼食や夕食を食べると、消化液やホルモンの分泌が活発になるタイミングがずれて体脂肪が付きやすくなってしまいます。

エネルギーの代謝をスムーズにするためには、朝日を浴びた後、1~2時間以内に朝食を食べて、体内時計の針を合わせることが大切なのです。
 


≪牛乳は朝より夜!カルシウムの吸収率が断然違う!!≫

パンと牛乳といえば朝食の定番ですが、時間栄養学的には、牛乳は朝より夜に飲むのがおすすめです。

カルシウムの吸収率を高める成長ホルモンの分泌は、23時から夜中の1時までがピークになります。

そこで、夜に牛乳を飲んでカルシウムを補給すれば、骨に吸収されやすくなるというわけです。

日本人は、カルシウムの摂取量が所要量を下回っているため、牛乳だけでなく、チーズや小魚、海藻など、カルシウムの豊富な食品を、夕食で積極的にとるようにしましょう。


 
≪塩分は夜にとるのがベスト!≫
塩分のとりすぎは高血圧など病気のもととなるので、控えめにすることが必要ですが、実は夕食では多少味付けの濃い物を食べても大丈夫なのです。

これは、尿に排出される食塩の量は、朝と比べて夜の方が2割以上多いためです。

体内の塩分を保持するよう働くアルドステロンと呼ばれるホルモンの血中濃度が、朝より夜の方が低いため、夜にとった塩分は排出されやすいのです。

逆に塩分が排出されにくい朝や昼は、摂取量を少なくするよう気をつけます。
 
 


千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)に対しての治療も行っております。
 
また平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆