千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の女性の生理トラブルの症状≪頭痛・下痢・貧血≫

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


女性の生理トラブルの症状≪頭痛・下痢・貧血≫

■2016/04/06 女性の生理トラブルの症状≪頭痛・下痢・貧血≫

こんにちは!
 
生理前や生理中に体調が優れないことはありませんか?

生理前だから、生理中だから…と辛い症状を我慢していませんか。

その何日間だけだからと我慢していては身体には良くないと言われています。

今日は生理によって起こる症状、上手にかわす方法をお話しします。
 


≪原因は生理痛の痛み物質:頭痛・吐き気≫

かわし方:鎮痛剤や胃薬を飲む


生理の時に子宮内膜から分泌される痛み物質・プロスタグランジンは全身に影響を及ぼし、このとき脳に作用して頭痛が悪化する人もいるようです。


「痛みと吐き気」は連動して起こりやすい性質があるので、吐き気が起こる人もいます。

また、日頃からコーヒーを何杯も飲んだり、不規則な食事ストレスなど胃腸に負担をかける生活を送っている、胃が弱って生理の際の吐き気も起こりやすくなるということを聞いたことがあります。

痛み物質を抑え込むために、早めに鎮痛剤を飲むことと、吐き気は胃薬を飲むことで予防ができます。

婦人科や内科で制吐剤(吐き止め)を処方してもらってもいいでしょう。


 
≪生理が始まるとともに腸が過剰に動く:下痢≫

かわし方:お腹を温める


生理前は黄体ホルモンの働きによって、腸の動きが鈍くなります。

ところが生理が始まり、黄体ホルモンの分泌量がグッと下がると、それまで鈍っていた腸が動き、下痢をしやすくなります。

また、子宮内膜から放出される痛み物質が腸を収縮させることも下痢の要因になります。

お腹周りが冷えると下痢が悪化しやすいので、しっかりと温めることです。

下痢の時だけでなく、子宮と卵巣は常に温かく血液循環がよい状態が理想的ですのでお腹周りはいつも温めてください。


 
≪生理ではがれる子宮内膜は血のかたまり:貧血・めまい≫

かわし方:生理前から鉄の多い食事を
生理の時にはがれる子宮内膜はほとんどが血液です。


当然、生理時は貧血がちになります。

階段を上がると息切れをする、頭がクラクラする、目の下にクマができるなどの症状があったら、貧血の可能性があります。

また、子宮筋腫や子宮内膜症が生理の出血量を増やすことによって貧血になることもあります。

病院では、血液検査でヘモグロビン数値を測り、貧血と分かれば鉄剤が処方されます。

さらに、ヘモグロビン数値は基準内でも、実は貯蔵分の鉄が不足している「貧血予備軍」の人も多いので要注意です。

貧血予防には、レバーやひじき、青菜、高野豆腐など鉄分が豊富な食事とともに、鉄の吸収を高めるビタミンCをとるのが効果的です。


生理前から意識して自分の生活習慣を見直しましょう。


千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では女性に多い身体の不調(肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、冷え症、便秘、肌トラブル など)に対しての治療も行っております。
 
また、平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆