千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の糖尿病と睡眠のメカニズムについて

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


糖尿病と睡眠のメカニズムについて

■2016/03/21 糖尿病と睡眠のメカニズムについて
 
眠らせないことで、どのような変化が人間に現れるのでしょうか。
このような実験を断眠実験といいます。
それによると、人間は眠らないと、交感神経の活動が亢進します。
また耐糖能があっかします。
 
私たちは物を食べると、体内で食物が消化吸収され血液中にブドウ糖が流れていきます。
ブドウ糖は、膵臓から分泌されるインスリンの作用で栄養分として細胞の中へ取り込まれます。
結果として、血液中からブドウ糖は減っていきます。
このように体内では、食事によって増加した血液中の糖分濃度を、インスリンの働きで正常へ戻す働きがあるのです。
 
また、食事をしなくても、体内には肝臓をはじめ脂肪などに栄養分があらかじめストックされていて、この栄養分を利用しています。
インスリンはこのような栄養分の出し入れにも関係し、血糖値を正常に保つよう働いているのです。
糖尿病は、学術的にいえば耐糖能という機能に異常が見られる病気です。
つまり、眠らないと耐糖能が悪化し糖尿病になりやすいということになるわけです。
 
さらに、シカゴ大学の研究グループが、徐波断眠というユニークな実験を行い、深い睡眠を実験的に妨害してみるとインスリン感受性が低下する、すなわち糖尿病(2型)のリスクが増加するという報告を行い話題になりました。
ここで「徐波睡眠」というのは、脳波に大きく緩やかな波(デルタ波)が現れる深い眠りのことです。
 
これは深い睡眠(熟眠)が得られなければ、つまりぐっすり眠らなければ、糖尿病になりやすいことを示唆しており、睡眠は量(時間)だけでなく、質(深さ)も大切であることを物語っています。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆