千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】のレム睡眠行動障害(RBD)とは?

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


レム睡眠行動障害(RBD)とは?

■2016/02/18 レム睡眠行動障害(RBD)とは?
 
数は少ないのですが、きわめて厄介な病気にレム睡眠行動障害があります。
高齢者に現れることが多いのが特徴です。
ひと言でいえば、夢と同じ行動をしてしまうのです。
 
レム睡眠は、体は眠っているのに、脳は起きている状態です。
睡眠中に90分周期で繰り返されます。
よく夢を見たりするので、閉じた目蓋の下では眼球がクルクル動いています。
 
レム睡眠行動障害は、レム睡眠中に眠っているはずの体が起きてしまうというものです。
つまり、眠っているはずの筋肉が、何らかの原因で覚醒状態になってしまいます。
 
たとえば、熊に襲われるとか、あるいは強盗に追いかけられる夢を見たとしましょう。
普通は、夢の中で逃げ回ったり、戦ったりする場合でも、体は反応しません。
ところが、レム睡眠行動障害は違うのです。
体も一緒に反応し、行動してしまいます。
だから、大声でわめき散らしたり、腕を振り回したり、走り出そうとしたり、眠ったまま激しく動き回ったりします。
明け方の3時から5時頃にかけてもっとも起こりやすいのが、一晩で数回起こる場合もあります。
 
手足を激しく動かすなどの異常行動によって目覚めると、さすがに「夢だったのか」と気づきます。
夢体験に一致して生じるのがレム睡眠行動障害です。
しかし、そのあとは一般的な夢と同じように、また眠ると自分自身がとった異常行動についても、朝目覚めた時にはほとんど忘れ、覚えていないことも少なくありません。
 
症状が悪化すると反応する行動が激しくなります。
ベッドから飛び上がってガラス窓に激突したり、タンスを殴りつけるなど、激しい行動をとるようになり、大けがを負う危険もあります。
さらにレム睡眠行動障害では、その経過中、5~10年後に夜間の夢のような幻視体験が昼間にも出現するレビー小体型認知症への移行例がみられます。
それが学問的にもホットな話題になっています。
将来に認知症を発症する予兆が夢見に一致した異常行動と関連する、きわめて謎めいた病気なのです。
 
発症するのは、ほとんどが50歳以上の男性です。
一緒に寝ている奥さんなどにケガをさせる恐れもあり、早期の診断と治療が必要になります。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/Nq-g
Twitter:http://p.tl/rrwC
mixi:http://p.tl/IQW6
アメブロ:http://p.tl/kxqD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆