千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の24時間型社会が睡眠のリズムを狂わせ、メラトニンを奪う2

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

院長ブログ


24時間型社会が睡眠のリズムを狂わせ、メラトニンを奪う2

■2016/01/04 24時間型社会が睡眠のリズムを狂わせ、メラトニンを奪う2
 
あけましておめでとうございます。
本年も皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

今年も頑張って院長ブロクを行っていきますのでよろしくお願い致します。



「24時間型社会」が睡眠のリズムを狂わせ、メラトニンを奪う~その2~


メラトニンの分泌を抑える明るさは、2500ルクス程度以上(部屋の明るさは150~300ルクス程度)と考えられていました。

しかし、最近の研究では、1000ルクス、あるいはもっと暗い200ルクスでも分泌が抑えられます。
特に青色と緑色の色調によって、メラトニンの分泌は特異的に抑えられることが分かってきました。
コンビニエンスストアの明るさは1500~2000ルクスほどですが、節電の影響で控え気味とはいっても、メラトニンの分泌を抑えるには十分な明るさといえるでしょう。
 
携帯電話やパソコンの画面の光も曲者です。
コンビニの照明程ではありませんが、青色や緑色の光が直接目に入ってくるので、視神経が受ける刺激はより強くなっています。
そのため、メラトニンの分泌が抑えられます。
メールを打ち終え、いざ眠ろうとしたらなかなか寝つかれないという経験はありませんか。
就寝前に携帯電話やパソコンの画面に接すると、メラトニンの分泌が低下します。
寝床でEブロック(電子書籍)などといったことには、もっと注意が必要でしょう。
これは、コーヒーを飲む以上に覚醒効果が高いとも言われています。
 
加えて、夜に浴びる光は、メラトニンの分泌を抑えるだけではなく、その明るさから体内時計が昼と勘違いしてしまい、リズムを乱す原因にもなっています。
 
このように、24時間型のリズムレス社会は、メラトニンを十分に分泌する環境が整いにくく、良質な睡眠をとりにくいということを認識しておかないといけません。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/Nq-g
Twitter:http://p.tl/rrwC
mixi:http://p.tl/IQW6
アメブロ:http://p.tl/kxqD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆