千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の免疫力がアップする正しい温度42℃のHSP入浴法~その3~

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


免疫力がアップする正しい温度42℃のHSP入浴法~その3~

■2015/12/26 免疫力がアップする正しい温度42℃のHSP入浴法~その3~


こんにちは!
 
HSPを確実に増やすためには、ただ湯船につかればいいというわけではなく、ちょっとしたコツが必要です。
ここでは、免疫力を高めるHSP入浴法について具体的にご紹介します。


 
≪おすすめは「勝負日」2日前の入浴!≫
HSPは加温した当日にすぐ増えるわけではなく、翌日から増え始めて2日後がピークになります。
そこで提案したいのが、勝負日2日前の入浴です。
テストや会議での発表などストレスの予想されるとき、激しい運動をするときなどの、前々日にHSP入浴法を行います。
体がストレスに対応しやすくなり、運動後は筋肉痛を軽減できます。
また、週始まりの月曜日、体が重くてだるいという人は、毎週土曜日を「HSP入浴デー」にすると、元気にウィークデーをスタートできます。


 
≪生理の時は要注意≫
貧血になりやすい生理中は、湯船から上がった時など、めまいや立ちくらみを起こすこともあります。
冬は浴槽の内と外、脱衣所との温度差に特に注意して、体調がすぐれないときは無理をしないようにしましょう。


 
≪風邪の引き始めにもおすすめ!≫
風邪の時は入浴を控える人が多いのですが、引き始めであれば、お風呂で加温する方がおすすめです。
風邪の菌やウイルスが体内に入ると、体は免疫機能を活発にするために体温を上げようとして、悪寒や鳥肌を起こします。
そこでHSP入浴法によって体温を38℃以上に上げれば、悪寒もなくなり、驚くほど早く回復します。
逆に中途半端な入浴やシャワーでは余計風邪が長引くので注意です。
入浴後はしっかり睡眠をとりましょう。
 
≪低体温の人は毎日入ろう≫
平熱が35℃台の低体温の人は、免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、なんとなくだるい、気力が出ないといった不調を感じることもあると思います。
低体温の改善には、毎日続けてHSP入浴法を行うのがポイントです。
初めは湯温を40~41℃に設定して、無理せず汗がにじむまでつかります。
徐々に設定を上げるようにして、10日間ほど毎日続けると、0.5~1℃くらい平熱が上昇するでしょう。
低体温の人を対象にHSP入浴法を行った実験では、入浴中の体温上昇が38℃に満たない37.5℃だった人も、HSPが増加したという結果が出ています。


 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では気温の変化によって低下してしまった免疫力を高める治療も行っております。
また、平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆