千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の免疫力がアップする正しい温度42℃のHSP入浴法~その1~

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


免疫力がアップする正しい温度42℃のHSP入浴法~その1~

■2015/12/21 免疫力がアップする正しい温度42℃のHSP入浴法~その1~
こんにちは!
 
HSPを確実に増やすためには、ただ湯船につかればいいというわけではなく、ちょっとしたコツが必要です。
ここでは、免疫力を高めるHSP入浴法について具体的にご紹介します。
 

≪設定温度を「42℃」に≫
まず大切なのは、湯の温度をHSPが増加するのに最適な「42℃」にすることです。
給湯温度を42℃に設定するか、湯時計を用意して風呂がまに湯をはります。
熱い湯が苦手な人は、40℃くらいからスタートして体が慣れてから徐々に温度を上げる方法でもOKです。
また、42℃以下の温度でも長くつかることでHSPを増やせます。
冬場は湯が冷めやすいので、風呂のふたを首まで閉めて入浴するといいでしょう。
湯船に入る前に浴室内の壁や床に湯をかけると、室温が上がって湯温と室内の温度差を小さくできます。

 
≪体温が「38℃」になるまでつかる≫
HSPは自分の平熱より1~2℃高い体温になることで増えることがわかっています。
体温が38℃になるとHSPは約1.2~1.5倍に増え、38.5℃では約1.8~2倍に増えたという実験結果もあります。
そこで、HSPを確実に増加させることは、体温を「38℃」に上げることを目標にしましょう。
舌下で測定できる防水体温計があれば、体温を測りながら、38℃になるまで湯船につかります。
体温計がない場合は、汗が流れ出るのが目安です。
時間は、湯温が42℃の場合10分、41℃で15分、40℃で20分、半身浴なら5分程長めにつかりましょう。
のぼせそうなときは無理せずいったん湯から出て、トータル時間を考えればOKです。
 

 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では気温の変化によって低下してしまった免疫力を高める治療も行っております。
また、平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆