千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の耳あかが湿っている人と乾いている人がいるのはなぜ?

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


耳あかが湿っている人と乾いている人がいるのはなぜ?

■2015/12/09 耳あかが湿っている人と乾いている人がいるのはなぜ?
こんにちは!
 
耳かきや綿棒で耳の中をクリクリ…。耳あかのお手入れって気持ちがいいですよね。いつの間にかたまっている耳あかですが、そもそも、一体何でできているのでしょうか。
 
≪耳あかは耳を守っている≫
耳あかは、耳の中の表皮が新陳代謝によって自然にはがれ落ちたものに、耳の中の皮脂腺から出た皮脂、外から入ってきたほこりなどが混ざり合ってできたものです。酸性でたんぱく質分解酵素も含まれているため、実は、殺菌作用があるほか、耳の中を適度に潤わせ、傷つきにくくする働きもあります。「あか」という名前がついていますが、立派に役立っているんですね。
ところでこの耳あか、人によって乾いているタイプと湿っているタイプがあるのをご存知ですか?日本人の場合は70~80%は乾燥タイプですが、アメリカやヨーロッパ、アフリカではほとんどが湿り気タイプなのです。こうした耳あかのタイプの違いはどこからくるのでしょうか。
 
≪耳あかに隠された壮大な人類史?!≫
耳あかのタイプに影響を与えているのは皮脂の量で、多いと湿り気タイプ、少ないと乾燥タイプになります。このタイプを決めるのが「ABCC11」という遺伝子。
日本人に多数派の乾燥タイプの耳あかは、中国などを中心に最も多く、他の国々ではほとんどみられません。こうしたことから、人類はもともと湿り気タイプだったと考えられます。乾燥タイプは、今から約2万年、ロシアのバイカル湖あたりで寒冷地に対応するため突然変異で誕生したといわれています。もともと日本に住んでいたのも、湿り気タイプの縄文人です。しかし、のちに大陸から乾燥タイプの弥生人が渡米してきて増え、現在のような割合になったといわれています。ちなみに、竹などでできた棒の「耳かき」を使う習慣は、乾燥タイプならではのもので、日本と中国の一部だけです。欧米やアフリカなどの地域では、耳かき自体ほとんど売っていません。
また、耳あかのタイプは体臭と関係しています。耳あかを作り出すのは、耳の中にあるアポクリン腺の一種である耳あか腺です。アポクリン腺という汗腺は、わきの下などにも分布し、においを出します。この腺から出る汗には脂質も含まれるため、湿り気タイプの耳あかになることがわかっています。ですからこのタイプの耳あかの人は、わきの下の汗も脂質を含むので体臭が強いと考えられています。
さらに最近では、耳あか遺伝子「ABCC11」は、薬などの化学物質の代謝にも関わっているらしいことが明らかになってきました。湿り気タイプの人の方が、細胞から薬剤を排出する量が多いとみられています。つまり同じ薬でも乾燥タイプの人にとっては効きすぎる可能性可能性もあり、抗がん剤などを投与する際の目安に応用できないか、さらに研究が進められているそうです。小さな耳あかからこんなにいろいろなことが分かるなんて、たかが耳あか、されど耳あか、ですね。
 

 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では気温の変化によって乱れてしまった自律神経の調整、免疫力を高める治療も行っております。
また、平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆