千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の妊娠すると酸っぱいものが食べたくなるって本当?

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


妊娠すると酸っぱいものが食べたくなるって本当?

■2015/12/04 妊娠すると酸っぱいものが食べたくなるって本当?
こんにちは!
 
ある日突然レモンが食べたくなって、かじって食べながら「妊娠したかも?」と気づきます。テレビドラマで見かけそうなシーンですが、妊娠すると本当に酸っぱいものが食べたくなるのでしょうか?
 
≪ホルモンバランスが変わり、味覚が変化する≫
実際に妊娠した人に聞くと、酸っぱいものが欲しくなったという人はあまり多くないようです。妊娠=柑橘類というのは、イメージ的な俗説といえそうです。とはいえ、妊娠した女性の体の中ではドラマチックな変化が起きて、味覚が変わることがあるのも確かだそうです。

妊娠すると「エストロゲン」(卵胞ホルモン)、「プロゲステロン」(黄体ホルモン)という女性ホルモンの分泌量が急激に増えますが、これらのホルモンの増加は、五感、特に味覚と嗅覚を変化させると考えられています。

妊娠して急にスナック菓子やフライドポテトばかり欲しくなった、チョコレートが欠かせない、などという変わった形のつわりを経験する人も多いそうです。

しかし、このホルモンバランスの変化も酸っぱい物には結びつきません。では、「妊娠=酸っぱいもの」という図式ができたのはなぜでしょうか。
 

≪さっぱりした果物は吐き気対策だった≫
一番の理由は、吐き気。つわりに限らず、二日酔いや風邪などでも、吐き気が強い時は食べ物を受け付けなくなりますね。また、妊娠するとアセトン臭という、甘酸っぱい独特の口臭が発生しやすくなり、口の中が不快になりがちです。
そんなときでも比較的食べやすいのは、果物のようなさっぱりしたものなのでしょう。それに、果物にはビタミンがあってヘルシーなイメージがあります。

妊娠すると「柑橘類が食べたくてしかたない」というより、吐き気がある妊婦でも「柑橘類ならかろうじて食べられる」という意識で食べられてきたのかもしれません。
そして食べ物の選択肢があまり多くなかった昔は、さっぱりしたものと柑橘類が特に直結しやすく、「妊婦=酸っぱいもの」となったと考えられます。

また、妊娠しなくても2つの女性ホルモンが変化する生理前には、甘い物や味の濃いものが食べたくなったり、いつもより過食傾向に女性もいます。
みなさんも、チョコレートやスナックの食べ過ぎにはご用心を!
 
 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では妊婦さんに対しての治療(つわり、腰痛、肩こり、逆子 など)も行っております。

また、平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆