千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の体にいい海藻の話~その5~

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


体にいい海藻の話~その5~

■2015/10/31 体にいい海藻の話~その5~
こんにちは!
 
日本人は昔から、さまざまな海藻を上手に食卓に取り入れてきました。日本人が長寿の国なのは、こうした食生活のおかげともいえます。
海藻を食べて、ヘルシーライフを目指しましょう。
 
≪カルシウムや鉄の含有量が抜群:ひじき≫
ミネラルが豊富で、カルシウムと鉄がきわめて多いのが特徴です。カルシウム量は海藻の中で最高です。またカルシウムはマグネシウムとの比率が2対1~3対1のときが最も効率よく吸収利用されますが、ひじきはそのバランスも理想的です。骨粗鬆症やイライラの予防に有効です。ビタミン類ではβ‐カロテンとビタミンB群が多く、食物繊維もたっぷりです。
ひじきは生のままでは渋みが強いので、煮たり蒸したものを乾燥させた干しひじきが市販されています。煮物にするのが一般的ですが、ハンバーグやチャーハン、炒め物などに混ぜたり、あえものにしても良いと思います。
 
≪ヨウ素やアルギン酸の効果が大:昆布≫
海藻の中で最も多くのヨウ素を含み、新陳代謝を活発にします。塩分を体外に排出するカリウムも豊富です。また、水溶性食物繊維のアルギン酸も多く、アルギン酸にも塩分の排出を促す作用があるため、高血圧の予防に効果的です。
生育する環境によって品質や風味が異なるので、日高や利尻など、各産地の名前がついています。だしや煮物に使われる素干し昆布、酢で処理して薄く削ったおぼろ昆布やとろろ昆布、細かく刻んだ刻み昆布、一度蒸して柔らかくした早煮昆布などがあります。だしをとったあとの昆布も、つくだ煮や昆布巻にして食べるといいでしょう。
 
≪ローカロリーでダイエットに役立つ:てんぐさ≫
てんぐさは、ところてんや寒天の原料となる海藻の総称です。深海部に生息する紅藻類で、海藻サラダに使われる褐色や緑色のとさかのりも同じ仲間です。ところてんは、てんぐさを煮て、ろ過した液を固めたものです。細く突き出し、酢醤油をかけて食べます。デザートなどに使う寒天は、ところてんを凍結、解凍、乾燥させたもので、最近では逆に、寒天を煮溶かしてところてんを作ることも多いようです。てんぐさ食品は栄養価は高くありませんが、超低カロリーで食物繊維を含むため、ダイエット中のおやつなどにぴったりです。また、糸寒天は水で戻すだけで酢の物やサラダに使えます。
 

 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では気温の変化によって乱れてしまった自律神経の調整、免疫力を高める治療も行っております。
また、平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでこちらもお気軽にご連絡ください。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/Nq-g
Twitter:http://p.tl/rrwC
mixi:http://p.tl/IQW6
アメブロ:http://p.tl/kxqD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆