千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の体にいいグレープフルーツの話~その2~

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


体にいいグレープフルーツの話~その2~

■2015/10/20 体にいいグレープフルーツの話~その2~
こんにちは!
 
≪酸味の「クエン酸」が疲労を解消≫
疲れのもとになるのは、栄養素が体内で燃やされてエネルギーとなるときに生じる「乳酸」です。乳酸が筋肉組織にたまると、疲労感や筋肉痛を起こします。
グレープフルーツの酸味の主成分クエン酸は、この乳酸を分解してエネルギーに変え、疲労を解消します。また、果糖とぶどう糖と一緒にとることで、疲労で減少した体のエネルギー源「グリコーゲン」の回復を早めます。クエン酸と糖分をともに含むグレープフルーツは、疲れた体にもぴったりなのです。
 
≪豊富な「ビタミンC」が美肌をつくる≫
グレープフルーツの栄養素の中でも、とりわけ豊富なのがビタミンC。100gあたり36㎎もビタミンCを含み、1/2(可食部約150g)食べれば、ビタミンCの1日の所要量(100㎎)の半分以上がまかなえます。
ビタミンCは美容と健康に欠かせない栄養素ですが、特に美肌づくりに効果大です。シミやソバカスのもとになるメラニン色素ができたり、肌に沈着したりするのを抑えたり、肌のハリを保って、シワやたるみをできにくくするコラーゲンがつくられるものを助ける働きもあります。そのほかビタミンCは、がんや老化のもとになる活性酸素を除去したり、病気やストレスに対する抵抗力をつけたりもしてくれます。
 
≪「葉酸」が貧血の予防・改善をサポート≫
葉酸はビタミンB群の一種で、体の組織や細胞をつくったり、機能を正常に保つのに重要な栄養素です。特に赤血球の生成に不可欠で、「血をつくる」ビタミンといわれ、不足すると貧血を引き起こしやすいようです。栄養性の貧血は一般に、鉄分不足による鉄欠乏性貧血が多いのですが、葉酸やビタミンB12が不足すると、赤血球の数が減少する巨赤芽球性貧血になります。グレープフルーツは葉酸を含み、巨赤芽球性貧血の予防・改善をサポートします。
また近年、新生児の先天性障害(胎児期の神経管の形成のトラブルにより、脳や脊髄に起こる障害)を減らす働きがあることが判明しています。厚生労働省も、妊娠中の葉酸の摂取を勧めています。
 
≪「イノシトール」が動脈硬化や心筋梗塞を防止≫
グレープフルーツに含まれるビタミンB群の一種イノシトールには、脂肪をエネルギーにかえたり、コレステロールを下げたり、抜け毛を防ぐ作用があります。動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防したり、肝臓に脂肪が蓄えられるのを防いで、脂肪肝や肝硬変のリスクを減らす効果もあるそうです。
葉酸にも、血管内に血の固まりである血栓ができるのを防いだり、血管を狭める血中ホモシステイン濃度を下げる働きがあり、合わせて動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を防ぎます。
 

 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では病院に行く程ではないなと感じる身体の不調(頭痛・めまい・冷え症・便秘・下痢など)に対しての治療も行っております。
また、平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っておりますのでこちらもお気軽にご連絡ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆