千葉市稲毛区(稲毛)の心療内科,鍼灸院【轟はり灸治療院】の「キレイ腸」と「ヨゴレ腸」の違い~その2~

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

スタッフブログ


「キレイ腸」と「ヨゴレ腸」の違い~その2~

■2015/09/08 「キレイ腸」と「ヨゴレ腸」の違い~その2~
 
こんにちは!
 
ひと口に腸と言っても、栄養を吸収するのは小腸、水分を吸収して、排出しやすい便をつくるのは大腸の役割です。
腸内環境が問題になるのは、主に大腸の方ですが、綺麗な大腸と汚れた大腸では、どんな点が違うのでしょうか。
 
◎ヨゴレ腸
排泄しにくい便がつくられてしまう≫
気持ち良い排便のためには、便自体にある程度のかさが必要です。でも、ヨゴレ腸では、便の量を増やして、排便をスムーズにする食物繊維が不足しているため、どうしても便秘になりがちです。また逆に、はびこっている悪玉菌のせいで、細菌感染を起こし、しょっちゅう下痢で悩まされることもあります。
 
≪ぜん動運動が早すぎる、または遅すぎる≫
腸が汚れている人は、便を送り出すぜん動運動もスムーズではありません。早く動きすぎたり、遅すぎたり、収縮が強すぎたりして、腸のどこかでスムーズな排便が妨げられています。その結果、便が硬くなりすぎたり、軟らかすぎたりして、排便に苦労し、それがまた悪玉菌の繁殖を助けてしまうという悪循環に陥ることがあるのです。
 
≪有害物質がたくさん発生≫
ヨゴレ腸は、悪玉菌の繁殖に理想的な環境です。どんどん仲間を増やし、アンモニアや硫化水素、スカトールなどの有害物質を作り出します。これらは臭いおならのもとになるだけでなく、腸壁を荒らして老化を早めたり、発がん物質として、大腸がんの誘因になることもあるのです。
 
≪体に悪いものを再吸収する≫
ヨゴレ腸で暴れ回る悪玉菌から作り出された有害物質は、腸内にとどまるだけではありません。腸から吸収されて血液中に溶け込み、全身を巡るようにもなります。そうなると、疲れやすくなったり、肌荒れや頭痛、吐き気を感じたりという体調不良につながることもあります。また、悪臭のもとになる物質が血中を巡って、口臭や体臭につながるともいわれています。
 
≪病原体が侵入しやすくなる≫
腸が汚れ、乳酸菌など、酸性の物質を作り出す善玉菌が少なくなると、腸内はアルカリ性に傾きます。また、悪玉菌が発生させる有害物質の影響で、腸壁にある免疫細胞の機能も低下します。その結果、腸内の殺菌作用が弱まり、ウイルスや病原菌が侵入・繁殖しやすい状態になってしまうのです。薬を使っても、この有害物質に邪魔されて、正しく効果を発揮できないこともあるのです。
 

 
千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では腸のぜん動運動に関係のある自律神経を整える治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。
また、平日の14:30~17:00までは女性鍼灸師が女性の患者様とお子さまのみの治療も行っております。
病気ではないけれどなんだか調子が出ないこの時期の不調として頭痛・肩こり・腰痛などさまざまな症状があります。こちらもお気軽にご連絡ください


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
轟はり灸治療院
http://www.bressline.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-8-5101
TEL:043-285-5521
----------------------------------------

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆