千葉、作草部の鍼灸院|美容鍼、うつ治療なら轟はり灸治療院

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

婦人科疾患

逆子の胎動とは?

2015/11/06

妊娠中の逆子

逆子の胎動とは?

C2+

 

 

羊水の中で活発に動き始めるのは妊娠19週くらいからで妊婦さんは胎動を感じ始めます。中には赤ちゃんが逆子の状態の妊婦さんもいます。妊娠後期に健診で逆子と気づくことが多いのです。逆子に対して不安になることもありますが、より安全な出産のために、逆子の胎動とはどういうものかを考えてみましょう。

 

 

通常の胎動はおへその上で胃の下あたりでモゴモゴと感じます。逆子の場合はおへその下、膀胱あたり、下腹部に軽く鈍い痛みがあります。また逆子になると頻尿になり、下腹部の張りを強く感じます。

 

G4

 

 

 逆子の胎動の特徴として

 

•下腹部を蹴られるような違和感

•下腹部に激しく蹴られる感じでお腹が張る

•膀胱を刺激されることで、尿意を感じる

•子宮に動きを感じ、立ち上がると恥骨に痛みを感じる

•おへその下あたりで、モゾモゾと頻繁に動く

 

 

胎動から「逆子かな?」と気づいたら

 

逆子(骨盤位)と正常位の胎動は、腹部に衝撃を感じる位置も違い、7、8ヶ月以降になると身体に対しての影響もハッキリとわかり、このころから逆子の灸や安産の灸を行うことをお勧めいたします。

また、多くの逆子は出産までに自然に戻ることもありますので、あまり心配しすぎず、安全な出産に備えましょう。

 

当院では体に負担がない安心安全な治療として逆子の灸・安産の灸を行っています。              gatag-00005425

 

 

千葉の鍼灸院なら【轟はり灸治療院】

千葉市稲毛区で鍼灸院・心療内科をお探しなら【轟はり灸治療院】へ。 ⇒当治療院についてのご紹介ページへ進む。
産後うつや腰痛・ストレス等のマタニティーケアを始め、美肌改善を行う美容鍼、うつ病やパニック障害・自律神経失調症等の心のケアも行っております。また、お子様の夜泣きやぜんそく、アトピー等にお悩みでしたら小児はり治療もございますので、お気軽にご相談ください。徹底したカウンセリングで患者様ひとりひとりに合わせた丁寧な治療を行います。