千葉、作草部の鍼灸院|美容鍼、うつ治療なら轟はり灸治療院

電話 043-285-5521電話 043-285-5521

婦人科疾患

PMS (生理前周期症候群)について

2015/08/18

≪PMS (生理前周期症候群)flo17

生理前の心と体に起こるさまざまな不調のことをPMS(月経前症候群)といいます。特に生理開始の3~10日前になると決まって不快な症状が現れ、生理が始まると落ち着くのが特徴的です。

身体的症状としては、腰痛、乳房の張りや痛み、頭痛、手足のむくみ、肩こり、便秘などあり、精神的症状としては、気分が落ち込みわけもなく涙が出る、イライラする、眠くて集中できないなどPMSの症状には150種類以上もあるのでその現れ方は人それぞれです。

PMSがなぜ起こるのか、はっきりした原因は分かっていませんが、排卵後の黄体ホルモン(別名:プロゲステロン)が増減する時期に症状が現れることから、ホルモンバランスの異常や脳内の神経伝達物質との関係と考えられています。

また、職場の状況や対人関係などのストレスや疲労がたまると症状がさらに悪化する傾向があります。

このホルモンバランスの乱れで起こる症状は自律神経の調整を行うことによって生理前に現れる症状(PMS)を少しずつでも軽減し、治療を継続していくことで改善していきます。line17

千葉の鍼灸院なら【轟はり灸治療院】

千葉市稲毛区で鍼灸院・心療内科をお探しなら【轟はり灸治療院】へ。 ⇒当治療院についてのご紹介ページへ進む。
産後うつや腰痛・ストレス等のマタニティーケアを始め、美肌改善を行う美容鍼、うつ病やパニック障害・自律神経失調症等の心のケアも行っております。また、お子様の夜泣きやぜんそく、アトピー等にお悩みでしたら小児はり治療もございますので、お気軽にご相談ください。徹底したカウンセリングで患者様ひとりひとりに合わせた丁寧な治療を行います。